MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

バッテリーの劣化を防ぐ使い方とワイヤレス充電器を使うときのコツ

iCracked Store 福山 TSUTAYA 新涯 最終更新日: 掲載日:

こんにちは。

広島県福山市のスマホ修理店、iCracked Store 福山TSUTAYA新涯です。

iPhoneとPixelのディスプレイ交換やバッテリー交換などの修理、スマホのお困りごと解決、スマホ・タブレットの買い取りを承っております。

営業時間は10時から19時(最終受付18時)までです。

 

感染症対策について

当店では、お客様に安心してご利用いただけるよう、アルコール除菌液の設置や店舗内の定期的な換気及びアルコール除菌、店舗スタッフのマスク着用を行っております。

対面修理が気になる方はお預かり修理も可能ですのでお気軽にお申し付けください。

 

 

バッテリーの劣化を防ぐ使い方とは

iPhoneを使っていると充電は欠かせません。ただ、充電の方法によってはバッテリーの劣化を早めてしまっている可能性があります。

電池残量がが少しでも減ると気になりこまめに充電をしているとバッテリーに負担がかかっています。残量がある程度減ってから電池が全くなくなる前にしっかり充電をしましょう。

また、動画をみたりゲームをしていると電池の減りが早くなりつい充電しながら使ってしまいがちですが、充電と放電が繰り返し行われ、バッテリーの中で化学反応が頻繁に発生している状態なので劣化を早めてしまいます。充電をする際は操作は控えましょう。

そして、急激な温度の変化も劣化に影響します。直射日光に当たる場所や車のダッシュボードなどの高温な場所に放置したり、氷点下になるような寒い場所での保管も控えてください。

 

ワイヤレス充電のコツ

iPhone8シリーズ以降の機種から使えるようになったワイヤレス充電ですが、パッドに置くだけで充電ができるので便利ですよね。

置くだけで充電ができる仕組みは、充電パッドの中に「送電用コイル」が入っていて電流が流れると磁界が発生します。

iPhoneには「受電用コイル」が入っていて、2つを近づけると空気中の磁界に反応し「誘導電流」という電力が発生しバッテリーに蓄えられるのだそうです。

iPhoneの中にある受電用コイルの位置はバッテリーの下あたりです。

ワイヤレス充電をする際はiPhoneの真ん中(リンゴマークあたり)をパッドの中央に置くとスムーズに充電できます。

また、ケースをつけているとうまく充電できないことがありますのでご注意ください。

 

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 福山 TSUTAYA 新涯

iCracked Store 福山 TSUTAYA 新涯

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixel3シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒721-0955

広島県福山市新涯町3丁目21-11


10:00~19:00《最終受付18:00》年中無休

☎ 084-957-5111

ストアページへ 全国のストア一覧へ