MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhoneの画面が割れたまま使っていくと起こりうる危険性は?

iCracked Store 神戸元町

 

iPhoneを落としてしまい、画面のガラスが割れてしまったまま使っている人をよく見かけます。

確かに画面のガラスだけが割れていても、液晶部分に問題がなければ使えることもできます。

しかし、そのまま使っていると、ガラスの破片で怪我をしたり、画面のタッチが効かなくなったり、画面そのものが使えなくなってしまうことがあります。

 

なぜそのようなことが起こってしまうのか、詳しく解説していきます。

 

iPhoneの画面が割れた状態で使うのは危険

ガラスの破片で怪我をしてしまう可能性

 

iPhoneの画面が割れている状態で使っていると、割れている箇所からガラスの破片が外れ、操作している指に刺さったり、電話をしている最中に、ガラス片が顔に刺さり、怪我をしてしまう恐れがあります。

 

画面のタッチが効かなくなる可能性

 

iPhoneの画面が割れている状態から、さらに衝撃を加えたり、落としてしまうと、液晶部分が破損し、タッチが効かなくなってしまう可能性もあります。

タッチが効かなくなってしまうと、iPhoneの操作ができず、バックアップも取れなくなり、スマホとして使えなくなってしまいます。

 

さらに状態が悪い場合だと、液晶が破損し、画面のタッチセンサーが勝手に反応してしまうこともあります。

画面修理で直るケースもありますが、基盤に大きなダメージがある場合だと、修理ができない可能性もあります。

 

画面液晶が映らなくなる可能性

 

タッチが効かなくなる以上にダメージが大きい場合だと、液晶が真っ暗になってしまい、起動しているかわからない状態になってしまいます。

 

着信音やバイブレーションが反応していれば、基盤は動いている可能性がありますが、このままだと操作ができません。

画面修理で直る場合がありますが、基盤内部に問題があると、修理ができない場合もあります。

 

まとめ

 

画面が割れた状態で使うことは、ケガの恐れや、本体がさらに悪化してしまう恐れがあります。

割れた場合は、iCracked Store 神戸元町にてすぐに修理し、危険性がない状態で使っていくことをおすすめいたします。

お客様のご来店、スタッフ一同心からお待ちしております。

この記事を書いた店舗

iCracked Store 神戸元町

iCracked Store 神戸元町

〒650-0022

兵庫県神戸市中央区元町通1-10-2

10:00~19:00《最終受付は18:30まで》年中無休

078-381-8222

ストアページへ