MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhoneが水没してしまった際に行う処置とは・・・?

iCracked Store 神戸元町

 

iPhoneを使用していると、あらゆる場面で水没する危険性があります。

海で使用している際に、海水に落としたり、

お風呂で使用している際に、湯船に落としてしまったり、

イルカショーや、食事中に飲み物をこぼしてしまった等の経験はありませんか?

もし、iPhoneを濡らしてしまった場合の対処を間違えてしまうと、

iPhoneが起動しない、バックアップが取れないという危険性があります。

今回は、水没してしまった時の対処法を詳しくご紹介いたします。

iPhoneがもし水没した際の応急処置

iPhoneが水没した際は、慌てずに下記の処置が必要です。

手順を間違わないようにお気を付けください。

1 電源をOFFにする

まず、初めにiPhoneの電源をOFFにしましょう。

理由は、iPhone内部に水分が残っている状態で、電源をONにしていると

基盤がショートして電源が入らなくなり、内部のデータが消えてしまう可能性があります。

 

2 SIMカードを抜き取る

SIMカードを抜きとり、水分を拭き取りましょう。

SIMカードのICチップが濡れてしまうと、データ通信や通話などの利用に支障が出る可能性もあります。

拭き取る際は、やさしく拭き取りましょう。

 

3 iPhoneの水分をよく拭き取る

イヤホンジャックやホームボタン、ドックコネクター(充電口)の部分は、

iPhone内部へ水分が侵入しやすい部分なので、念入りに拭き取りましょう。

イヤホンジャックやドックコネクター(充電口)は、こよりを作って、内部までしっかりと水分を取るようにします。

逆にiPhoneが水没した際にしてはいけないこと

1 iPhoneの内部の水分を飛ばす為にiPhoneを振る

水にかかってしまってすぐにやってしまいがちですが、この方法はNGです。

水分が内部で拡散し、濡れていないところにまで届いてしまう恐れがある為、

激しく動かさないように心がけましょう。

2 バックアップを取るためにパソコンに接続する

iPhoneに電気が流れると、内部でショートする恐れがあります。

一度水没したiPhoneは充電をしないようにしましょう。

 

それでも直らない場合は?

直らない場合は、メインとなる基盤が故障しているか、内部のパーツが破損している恐れがあります。

当店iCracked Storeでは、水没復旧作業は行っておりませんが、

パーツ交換では承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 神戸元町

iCracked Store 神戸元町

〒650-0022

兵庫県神戸市中央区元町通1-10-2

10:00~19:00《最終受付は18:30まで》年中無休

078-381-8222

ストアページへ