MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

【iPhoneバッテリー】左画面が浮いている原因は?バッテリーの膨張!?

iCracked Store 神戸元町

 

今、お使いのiPhoneの左画面が浮いてきていませんか?

左画面が浮いてくる原因として、バッテリーが膨張してる可能性があります!

 

何故バッテリーが膨張するのか

リチウムイオン電池は、普通に使用しているだけでも、

バッテリー内部の構造上、経年劣化などで、ガスが発生し、膨張します。

気温が高いところでの使用や、充電器の繋ぎっぱなしなどの影響で、

iPhone本体に熱を持ち、膨張を悪化させてしまう可能性があり、

また、落下や衝撃等により膨張を進めてしまう恐れもございます。

 

膨張したまま使っていると危険!

バッテリーの膨張により、画面が浮いている場合は、非常に危険です!

その状態で使用していると……

ポケットの中や、カバンの中での衝撃でバッテリーに負荷がかかり、

発火!爆発!火傷の危険が!!!

ニュースでもiPhoneの爆発や発火した事件が報道されています。

 

自分のiPhoneは大丈夫!

少しくらい…。

なんて思っていませんか!?

 

“いつ何が起こるか分からないのが、精密機器の怖いところです。”

 

今回、膨張しているバッテリーをお持ちのお客様に、お写真掲載をご協力頂きました。

左画面が大きく浮く程、バッテリーの過度な膨張が見られ、

修理時に発火の危険性があると判断し、今回は修理をお断り致しました。

 

バッテリーの膨張による修理内容

バッテリーの膨張により、画面が浮いている場合は、バッテリー交換のみではなく、

ディスプレイの変形により、バッテリーを変えても上手く画面がハマらず、画面交換が必要になったり、

画面と本体に隙間が出来ることにより、内部でのネジ外れ、埃や湿気などで基盤破損や水没反応が出てしまい、

本体交換や機種変更のご提案になる場合があります。

 

膨張していないバッテリーは?

iPhoneに使われているリチウムイオン電池は、見た目に問題が無くても経年劣化や、落とした時の衝撃により、内部破損しショートしている可能性があります。

バッテリーは経年劣化する物として作られているので、劣化具合が気になった方はバッテリー交換を検討してみてください(*^^*)

 

バッテリーの膨張を発見したら、まずはバックアップ!

バッテリーの膨張を発見し、どこのお修理店でも受け付けてくれなかった場合、正規店での本体交換や本体の買い換えになるので、必要なデータを最低限バックアップする事をオススメします!

バックアップ方法がわからない方はこちらhttps://www.icracked.jp/blog/kansai/hyougoken/kobe-motomachi/10994

 

バッテリー交換の判断致します!

iCrackedでは、バッテリーが過度に膨張していると、お修理をお断りする場合があります。

過度な膨張をしていると、バッテリー内部がショートしており、修理時に発火の恐れがある為、バッテリーやその他の修理もお受け出来ない事があります…。

バッテリーの状態を見て、交換可能か判断致しますので、気になった方は店頭にお持ちください。

「データも無くなって、自分も火傷・・・」

そんな状況になる前に早めの判断を!

この記事を書いた店舗

iCracked Store 神戸元町

iCracked Store 神戸元町

〒650-0022

兵庫県神戸市中央区元町通1-10-2

10:00~19:00《最終受付は18:30まで》年中無休

078-381-8222

ストアページへ