MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

夏休み!お出かけ!定番のスマホトラブル!

iCracked Store 神戸三宮元町 最終更新日: 掲載日:
ウォータースライダーのイラスト

夏の定番レジャーと言えば、海水浴!プール!

今回は、皆さんが意外と知らない、

お出かけ時のスマートフォンのトラブルについて、

解決方法とともにお話します(`・ω・´)ゞ

 

水辺でのスマートフォン利用は、危険がいっぱい!

夏、水辺で遊ぶ時、スマートフォンが水没しないように気を付けている事はありますか?

 

『今まで壊れた事が無いから、特に気にしていない。』

『普通に使ってたら、耐水性能がついているし、ある程度なら大丈夫でしょ?』

と考えられる方は、いらっしゃると思います。

 

プールや海に落として、画面がつかなくなっちゃった!…という水没の原因は良く耳にしますが、

水の近くで使うだけでも、スマートフォンが壊れちゃう危険がいっぱいあるんです(´;ω;`)

 

『1番の対策は、水辺では利用はしない!』

ですが…、なかなかそういう訳にはいきませんよね(;^_^A

 

水に塗れた記憶が無いのに水没反応が出る!?その理由とは。

気になる方は、当ページ下の、おすすめ記事【iPhoneの耐水性能について】をご覧ください。

 

写真などの思い出データは、自分で守ろう!(防水ケースのおすすめ!)

お子さんの夏休みの思い出や、友達と遊びに行った時の写真は、消えちゃうと悲しいですよね(´;ω;`)

万が一の時、私達は、常々データのバックアップのをおすすめしていますが、

まずは壊れないよう、水辺で使う時に事前にできる事言えば、

やはり、1番最初に思いつく対策としては、『防水ケース』です!

 

では、どのような防水ケースがあるのでしょうか(・・?

 

ケースに入れたままタッチ操作可能な、防水スマホケース。

水中で写真を撮りたい!という方は、水中撮影用防水ケース。

耐水性能だけでなく、海の砂などの汚れからも守ってくれる、

防塵性能や 耐衝撃も兼ね備えている商品など、機能性に優れている商品が沢山販売されているので、

ご自身にあったスマホケースを選んでくださいね(^^)

ジッパータイプの物は、最後まで締め忘れの無い様ご注意を!

 

海は潮風や海水、プールは塩素と、

夏の水辺でのレジャーは特に、水没していなくても、腐食してしまう可能性があるので、

やはり付けていないよりは、安心して利用できますよね(*^^)v

 

お出かけの時の電池切れで困らない為に!

海水浴やプールなどの遠出の時、水没以外で心配なのが、充電のもち!

 

もちろん、事前に充電をしていくと思いますが、最近バッテリーの持ちが悪く、

写真や動画をいっぱい撮っていて、気がついたら電池が減っていた!!

肝心な時に電池が切れ、友達や家族とはぐれ、連絡が取れない!など(´;ω;`)

そんな時には、『モバイルバッテリー』がおすすめです(^^♪

 

充電をする場所が無い、海水浴場やプールでの充電は?(モバイルバッテリーのおすすめ)

現地で、充電をする場所が無くて、困ったことはないですか?

海水浴場やプールでは、充電したくても、出来る場所がなかなかありませんよね(´;ω;`)

 

新く購入した物であれば、そんなに困る事は無いと思いますが、

今お持ちのスマートフォンを、2・3年くらい利用していて、

電池の持ちが悪いと感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

そんな時に役立つのが、『モバイルバッテリー』です!

 

モバイルバッテリーにも色んな種類があり、電流の強さや、大きさなど様々です。

モバイルバッテリーに関する記事は、当ページ下の、

おすすめ記事【モバイルバッテリーは100%使えない!?モバイルバッテリーの真実・・・】をご覧ください。

※現在記事製作中 m(_ _)m

 

荷物を出来るだけ、少なくしたい!充電を気にするのが、めんどくさい!

という方は、iCrackedでバッテリーの交換を検討してみては如何でしょうか(*^^)v

バッテリー交換対応機種

(iPhone5~iPhone8plus・Pixel3/Pixel3XL/Pixel3a/Pixel3aXL)

 

本体は熱くなっている?!

夏場でもう一つ気にして頂きたいのが、本体の温度です!

充電器に挿したまま利用すると、本体が熱くなるのは、よく耳にするのですが、

普通に利用していても、環境によって本体への危険が潜んでいます!

 

夏場の暑い日や、車の中は危険!?

太陽の照り付ける中、スマートフォンを使っていて、異常に本体が熱く感じる事はありませんか?

 

どんどん暑くなっていく季節、車の中に置いたままや、気温の高い環境下での利用で、

本体が熱くなりすぎると、最悪の場合、基盤にダメージを与える可能性が高くなります。

 

スマートフォンが熱くなった時の対処法と注意点

本体が熱くなってしまった時は、一端操作を止めてください!

 

ここで注意しなければならないのが、急激な温度変化です。

 

冷蔵庫に入れたり、保冷剤などで急激に冷ますなどしてしまうと、

端末内部が結露し、水分が発生する事によって、水没しショートしてしまう!

というような負の連鎖が起こり、故障の原因になってしまいます。(´;ω;`)

 

そうなる前に不安な時は、日陰に置いたり、電源を一度切るなどして、

涼しい環境下(空冷)で、スマートフォンを冷ましてください。

 

まとめ

夏にスマートフォンを使う時の、気を付けておきたい事や、おすすめな使い方で、

防水ケースのおすすめ・モバイルバッテリーのおすすめ・熱くなったスマートフォンの対処法をお伝えしました(^^♪

 

事前の対策として、バックアップをし、夏におすすめなスマートフォンの利用方法を是非お試しください!

 

おすすめ関連記事

👇

【iPhoneの耐水性能について】

【【iPhone】電池の減りが早い、急に電源が落ちる】

【モバイルバッテリーは100%使えない!?モバイルバッテリーの真実・・・】

【パソコンでiPhoneをバックアップする方法】

【icloudでバックアップできるデータの種類は?LINEやゲームデータは要注意?】

【iPhoneが水没したらどうしたらいいの?? 水没時の正しい対処法】

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 神戸三宮元町

iCracked Store 神戸三宮元町

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixel3シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒650-0022

兵庫県神戸市中央区元町通1-10-2


10:00~19:00《最終受付18:30》年中無休

☎ 078-381-8222

ストアページへ 全国のストア一覧へ