MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

モバイルバッテリーは100%使えない!?モバイルバッテリーはどう選べばいいの?

iCracked Store 神戸三宮元町 最終更新日: 掲載日:

スマートフォンの急な電池切れの際に役立つモバイルバッテリー。

日常に欠かせない物となっていますが、さまざまな種類があって何を選べばいいのかわからない・・・

モバイルバッテリーの性質、選び方についてご説明したいと思います。

 

モバイルバッテリーの容量

モバイルバッテリーにはmAhという容量があり、バッテリーの容量の大きさを示し、

この容量が大きければ、モバイルバッテリーの充電蓄積量が多くなります。

容量が大きければ大きいほど充電できる量が増え、長期旅行などで活躍しそうですが、

容量が小さい場合だと、コンパクトで持ち運びがしやすいので、

軽い外出時には小さいモバイルバッテリーの方が重宝されます。

 

モバイルバッテリーに記載されているmAhはすべて使えない!?

例えば、モバイルバッテリーのmAhの容量が10000mAhの場合、

iPhone7のバッテリーは1960mAhなので、約5回充電が出来ると思ってしまいますが、

実際は5回分充電することが出来ません。

 

なぜかというと、それは

モバイルバッテリーの表記されているmAh数値と使えるmAh数値が違うからです。

 

モバイルバッテリーで使用されるリチウムイオンの平均的な電圧は約3.7Vと言われており、

商品パッケージなどでは、3.7Vに対するmAhで容量が表示されているものが多いです。

しかし、スマートフォンを充電をする際に、USB端子の電圧は5Vで出力されます。

なので、モバイルバッテリー側では、電圧の昇圧(3.7V→5V)が行われ、出力容量が約74%に低下してしまいます。

さらに、電圧の昇圧をする際にロスがかかり、10~15%のmAhが減少するので、

商品に記載されているmAhより30~35%ほど少なめと考えておく必要があります。

 

モバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーの選び方は、使う際の状況に合わせた容量を購入することをオススメします。

記事序盤にもありましたが、

容量が大きければ多いほど充電できる量が増えますが、大きさや重さも大きくなるので、

持ち運びにくくなります。

長期の旅行や、外出時に余裕をもって充電できる環境が必要な場合は、容量が大きめのモバイルバッテリーがオススメです。

 

逆に軽い外出、日帰り旅行などで荷物を出来るだけ減らし、充電1回分くらいで充分な人は、コンパクトサイズのモバイルバッテリーをオススメ致します。

 

モバイルバッテリーは使っていなくても中身の残量が減っていく・・・

モバイルバッテリーだけでなく、バッテリー全般に言えることですが、

バッテリーは使わなくてもバッテリーの消耗が発生します。

使わない間に内部放電(自己放電)が発生し、貯蓄されている電力が減ってしまいます。

長く放置しているモバイルバッテリーは事前に充電してから使用するようにしましょう。

 

iPhoneのバッテリー容量(mAh)はどれくらいあるの?

iPhoneのバッテリーの容量はこちら↓

 

iPhone 5 → 1,440mAh

iPhone 5c → 1,510mAh

iPhone 5s → 1,560mAh

iPhone 6 → 1,810mAh

iPhone 6 Plus → 2,915mAh

iPhone 6s → 1,715mAh

iPhone 6s Plus → 2,750mAh

iPhone SE → 1,624mAh

iPhone 7 → 1,960mAh

iPhone 7 Plus → 2,900mAh

iPhone 8 → 1,821mAh

iPhone 8 Plus → 2,691mAh

iPhone X → 2,716mAh

iPhone XS → 2,658mAh

iPhone XS Max → 3,174mAh

iPhone XR → 2,942mAh

 

iPhone 5S、SEシリーズの容量は約1,500mAh

iPhone 6,7,8シリーズの容量は約2,000mAh

iPhone PlusやXシリーズの容量は約3,000mAh

 

iPhone7やiPhone8を使っている方で10,000mAhのモバイルバッテリーであれば、

約充電3回分の容量になる

 

くらいと考えれば良いかと思います。

 

モバイルバッテリーを長く使うために

スマートフォンのバッテリーを長く使うための方法とほぼ同じですが、

高温の場所に放置しない

モバイルバッテリーは熱に弱く、夏の暑い時期の車の中や、直射日光の強い所・温度の高い所などに置いておくと、バッテリーの内部が発熱し、発火・爆発してしまう恐れがあります。

モバイルバッテリーを使う際は、直射日光を当てず、温度の低い所で使用するよう心がけましょう。

 

過充電をしすぎないように気を付ける

モバイルバッテリーの充電がいっぱいになっている状態で、さらに充電を続けることで過充電になる場合があり、バッテリーの劣化を速めてしまう可能性があります。

充電回数を少なくすることで、バッテリーの劣化を抑えれますので、ギリギリまで使用し、充電するようにしましょう。

 

まとめ

外出先でスマホの充電がなくなっても、モバイルバッテリーがあれば安心!

しかし、モバイルバッテリーを挿しっぱなしにしないと使えないくらいひどい状況のスマホは、

バッテリーそのものが劣化しているので、バッテリー交換が必要です。

 

当店iCracked Store 神戸三宮元町ではiPhoneのバッテリー交換を承っておりますので、

是非お気軽にご相談下さいませ!

この記事を書いた店舗

iCracked Store 神戸三宮元町

iCracked Store 神戸三宮元町

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixel3シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒650-0022

兵庫県神戸市中央区元町通1-10-2


10:00~19:00《最終受付18:30》年中無休

☎ 078-381-8222

ストアページへ 全国のストア一覧へ