MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhone画面のタッチが勝手に反応する原因は?

iCracked Store グランフロント大阪 最終更新日: 掲載日:

iPhoneの画面を触っていないのに勝手に反応する症状は「ゴーストタッチ」と言われています。

このゴーストタッチはiPhoneを落として液晶が損傷してしまったときに起こることが殆どです。

しかし、iPhoneを落としてもないのに起こる場合もありますので今回はそのような場合、どうすればいいのか原因と対処法をご紹介します!

「ゴーストタッチ」の主な原因と対策

①ディスプレイの不具合

ディスプレイが経年劣化により不具合を起こしているケースが考えられます。

経年劣化しているディスプレイに少しの衝撃や細かい傷が加わってしまうとそれが原因でタッチの認識が不具合を起こしてしまうことがあります。

こうなった場合は修理店による画面交換が必要になります。

その他、iPhoneのディスプレイと保護フィルムの間にホコリや気泡が入ってしまっていてゴーストタッチを起こすこともあります。そういった場合は一度フィルムを変えたり、ディスプレイを綺麗に拭いてあげるといいかもしれません。

 

②iOSソフトウェアの不具合

iPhoneのバージョンが古かったりするとゴーストタッチだけではなく、様々なシステムトラブルを引き起こします。

もしご自身のiPhoneのバージョンが古い、最近アップデートしてないなぁ…と思われるのであれば一度アップデートを試してみてもいいかもしれません。

もしバージョンが最新のものであれば、再起動・初期化をすることで改善がみられる可能性があります。

 

③本体の発熱

充電しながらiPhoneを使っていたり、長時間ゲームをしていたり、動画を見ていたりするとiPhoneが熱くなってしまうことがあります。

その熱でシステムトラブルを起こすことがあります。これを熱暴走といいます。

本体が熱を持ってゴーストタッチが発生しているのであればまず本体を元の温度に戻すことから始めましょう。

まとめ

ゴーストタッチの対処法として

まずはiPhoneの温度が正常に保つ→保護フィルムやディスプレイが綺麗な状態にする→再起動・バックアップを取っているならば初期化→それでも改善が見られなければ修理店へ持ち込む

という風にご確認頂ければ、もしかすると修理に持ち込む前に改善されるかもしれません。

 

もし初期化等の方法が分からなければ当店にお持ち頂ければ原因の特定やお修理させて頂きます!

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store グランフロント大阪

iCracked Store グランフロント大阪

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixel3シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒 530-0011

大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館5F


11:00〜21:00《最終受付20:30》年中無休

☎ 06-6372-5325

ストアページへ 全国のストア一覧へ