MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iCrackedで修理するとデータは消えてしまうの?

iCracked Store グランフロント大阪

修理する上で気になるのが、やはり写真連絡先アプリなどのデータが消えてしまうということではないでしょうか。

特に、アカウントIDや暗証番号をメモアプリに保存されている場合、消えてしまった時にショックが大きいと思います。

そうならないために、iCracke Storeで修理するときにデータが残るのか。また、修理するうえでスタッフが気を付けていることをご紹介させていただきます!!

 

修理とデータ

iCracked Storeで修理をする場合、データを残した状態でお預かりし修理が完了してもデータはそのままでお返ししております。基本的にデータが消えてしまう理由としては、基盤の経年劣化による電源が入らない症状や、基盤に触れることにより静電気で破損してしまうなど原因は様々です。

そういったことが起こらないためにも、私たちiTechスタッフも静電気対策を行っています。

 

静電気対策ってどんなことしてるの?

私たちが行っている静電気対策をご紹介します!!

使うツールはこの3つ・・・

  • ESDリストバンド

  • ESDマット

  • 静電防止指サック

これらのツールを使用することにより、お客様のスマートフォンを静電気から守っています。

また、作業をする際の注意点としては、データを保管している基盤のチップを触れないように気を付けていること。出来るだけツールでも触れないようにしています。

 

このような対策をすることにより、お客様の大切なデータを守りつつお困りの箇所を修理するようにしています!!

 

Apple Storeで消えてしまう理由

では、Apple Storeで修理すると消えてしまうのはなぜでしょうか?

Apple Storeの場合、予約を取る際に必ずバックアップするように促されています。理由は、単純で作業をする過程で初期化が発生する可能性があるからです。

バッテリーやディスプレイ交換をする場合、データを残した状態で修理が完了することが多いですが、本体を交換することになってしまったり、修理は終わったが初期化されて渡されたなどよく聞く話です・・・。

そうならないためにも、出来るだけ間隔をあけないようにコンピュータやiCloudでのバックアップをするように対策をするようにしましょう!!

この記事を書いた店舗

iCracked Store グランフロント大阪

iCracked Store グランフロント大阪

〒 530-0011

大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館5F

11:00〜21:00 《最終受付は20:30まで》 年中無休(年末年始一を除く)

0663725325

ストアページへ