MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

データの「バックアップ」ってどうやってするの?

iCracked Store グランフロント大阪 最終更新日: 掲載日:

前回、バックアップの概要「データのバックアップって何?」についてお話ししました。バックアップの設定って難しいイメージがありますよね・・・。

今回は、iCloudとiTunesのバックアップ方法についてまとめてみました!!

 

iCloudでのバックアップ方法

バックアップ前の準備

iOSバージョンを最新にアップデート

Wi-Fiの設定

AppleIDにログイン

iCloudの容量の確認

 

設定方法

①まずは、設定の画面を開き、一番上にあるアカウント名の記載されている項目をタップします。

②画面中間の位置にある「iCloud」の項目をタップします。

③下までスライドして行くと「iCloudバックアップ」の項目があるのでタップします。

④もし、iCloudバックアップがオフになっている場合はオンにします。

⑤「今すぐバックアップを作成」をタップするとバックアップが開始されます。

⑥「最後に作成されたバックアップ」の隣にその日の日付がなく時刻だけが表示されていれば、バックアップ完了です。

「今すぐバックアップを作成」がタップ出来ないときは?

もし、「今すぐバックアップを作成」がグレーの状態になっている場合はWi-Fiの接続がされていない状態です。Wi-Fiに接続してから「今すぐバックアップを作成」を見ると⑥のような画面になりますので、もう一度試してみましょう。

 

iTunesでのバックアップ方法

バックアップ前の準備

Lightningケーブル

iTunesがインストールされているコンピュータ

 

設定方法

バックアップしたいiOSデバイスをコンピュータに接続します。
接続されたiOSデバイスに「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面のパスコードを入力します。
上側「♫ミュージック」の右側にデバイスのロゴが出るのでクリックし、バックアップをするiOSデバイスを選択します。

「バックアップ」>「手動でバックアップ/復元」の項目の「今すぐバックアップ」をクリックします。

バックアップをした時刻になっていればバックアップ完了です。

 

ちなみに・・・。

「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れると全てのデータをバックアップすることが出来るのでオススメです。

しかし、プライバシーの観点でパスワードを設定する必要性があります。

忘れてしまうと復元が出来なくなってしまうので、設定した後に必ずメモしておきましょう。

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store グランフロント大阪

iCracked Store グランフロント大阪

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixel3シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒 530-0011

大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館5F


11:00〜21:00《最終受付20:30》年中無休

☎ 06-6372-5325

ストアページへ 全国のストア一覧へ