MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

フィルムのあれこれ

iCracked Store 心斎橋 最終更新日: 掲載日:

こんにちは

最近更新頻度控えめな担当Mです。

 

お久しぶりです

けっして面倒になったからではないですよ

京都店に臨時で行ったり、当店には書きたがりが多いので、

結果として僕が書く機会も少ないわけですよ。

まあ僕のゆるすぎる記事ばかりっていうのもあれだと思うので、

見る側からするといいですよね!きっと!

 

そして今回は

タイトルにあるように『フィルム』がテーマになります。

いまではカバーはつけないけどフィルムはつけるみたいな人も多いですよねー

最近では電気屋に行くと膨大な種類のフィルムの取り扱いがあり、

どれにしたら…って人も少なくないんじゃないでしょうか

そこを簡単に解説しようかなーってかんじです。

 

まずフィルムですがおおーきく分けると2種類です。

『保護フィルム』『ガラスフィルム』です!

 

まず保護フィルムですが、

ガラスフィルムと違って、感度が変化しにくく、ケースに左右されにくいのが大きなメリットですが、

衝撃耐性に特化しているわけではなく(一部例外あり)、また、綺麗に張りづらかったりします。

 

保護フィルムの種類はたくさんあり、光沢感を出すやつや、反射を防ぐやつ、覗き見防止などが代表的です。

値段も比較的安価で買い求めやすいものになってます。

 

それに対してガラスフィルムですが、

目的はもちろん画面の傷・衝撃からの保護です。

そのためフィルムがケースの種類によって影響をうける場合があります。

 

最近はこちらの『ガラスフィルム』お求めが非常に多いですね!!

みなさんよく落とされるのでしょう笑

 

そういえば

ガラスフィルムを選んでいるときに『8H』とか『9H』の表示があって???ってなったこと無いですか?

 

大体は表面硬度が…ってあると思いますが、その意味は『何Hの鉛筆で引っかくと傷ができるか』だそうです。

その中で人間の爪が『2H』らしいです。『9H 』あったらまあ十分ですよね☆

 

ちょっと長くなってきたので、今回はこれまで!

少しは「へぇ~」ってなってもらえれば嬉しいです。

ではー

 

ps僕は『保護フィルム』でも『ガラスフィルム』でもなく『コーティング』派なんですけどね…

この記事を書いた店舗

iCracked Store 東急ハンズ心斎橋

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒542-0085

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3心斎橋パルコ 9F(東急ハンズ内 D2エリア)


11:00~21:00《最終受付20:00》年中無休

☎ 050-3590-6475


ストアページへ ストア一覧へ