MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

全米が泣いた!日本人も泣いた!すべてのiPhoneユーザーに送る衝撃の話題作風なお話

iCracked Store マルイシティ横浜 最終更新日: 掲載日:

先日ネット記事を見ていたら「iPhone 13 が9月にも発売か!?」とありました。
まぁ、根も葉も無い噂話なのでAppleさんの正式発表を待てばよいだけなのですが….

その記事を目にした時にふと思い出しました
毎年この「新型iPhone発売!!」で浮足立っているこのタイミングで増えている現象があることを

私は、忘れてしまっていたのです
すべてのiPhoneユーザーが恐れ、立ち向かい、成す術無く涙を流して散っていったあの日の光景を…

そして私は思い出しました…思い出してしまいました。
その現象(きみ)の名前は

 

 

 

 

リンゴループ

以前、同じように「りんごループは怖いというお話」として書かせてもらったので合わせて読んでいただければと思うのですが…引っ張り方には一切触れないスタイルで行きます www

実はこの「リンゴループ」が増えるタイミングがあるのです…
それが「システムのメジャーアップデート」の時です。
※メジャーアップデートとは「14.〇」から「15.〇」と左側の数字が変わる時の事を言います。
せっかく新しいバージョンのOSが使えるとワクワク✨ドキドキ💕していたのに、待っていた画面にはリンゴのマークが永遠と点いたり消えたりしてる…

なぜこのような悲劇が起こるのでしょうか?

結論を先にお伝えすると…
「何もせず、普通に使っていたから」
です。

衝撃ですよね?
「え?普通に使っててなるんなら不良品じゃないか!!」と皆さんの声が聞こえてきそうですが(;^_^A

 

閑話休題

 

リンゴループの仕組み

始めに、iPhoneの起動時には「システムチェック」と「センサーチェック」が行われていると言われています。
この時スルー出来ない以上が発生している時に「リンゴループ」が発生します。
チェック→エラーチェック→エラー….これを繰り返しているのでリンゴのマークが点いたり消えたりする訳です。

センサーチェック

一つ目、「センサーチェック」でエラーを繰り返しているリンゴループはまだ改善の可能性があります。
エラーを引き起こしているセンサーを取り外し、交換すれば改善する可能性があるわけですが
非正規店では交換できるパーツに限界があるので「確実」ではありません…(-_-;)
当店の場合、お力になれるとしたら…該当部分のセンサーコネクタを「外すだけ」になってしまう事もあります。
もちろん「外す」ので、その部分は「全く機能しない」事になります…。
上部のスピーカーセンサーがエラーを起こしている場合は「通話中に相手の声が全く聞こえない」や
「上部スピーカーから音が出ない」
充電コネクタの場合だと「有線充電が出来ない」などですかね?

ただ、内部のデータに関しては、仮にバックアップをとっていなかったとしても初期化することはないので
まだ「不幸中の幸い」と言えるでしょう。

 

システムチェック ←これ問題

二つ目、問題はこの「システムチェック」でエラーを繰り返している場合です。
前者が「不幸中の幸い」に終わったトコロで非常に恐縮ですが後者には「絶望」しかありません。
何故ならシステムが原因で起こるリンゴループの解決方法は一つしかないからです。

その方法は

初 期 化 。

そう、工場出荷の時に戻す作業の事です。
バックアップを普段から作成していなかったり、問題が発生していて作成できていない場合
今までiPhoneの中にしか無いデータに関しては、およそ例外なく綺麗にこの世から無くなります。
まぁ、解決方法と呼んでいいかは別として…初期化に失敗する事もあるので絶対とは言えませんが

システムの問題なのではっきりと「これが悪い」と断定することは不可能に近いですが…
いくつか思い当たるモノだったらあります。

・本体ストレージの不足
・iCloudストレージの不足

この2つが最も多いのではないかと思っています。
本体はアップデート、iCloudはバックアップにそれぞれ使用されるストレージで
更に言えば「自動〇〇」に対応したモノでもあります。
「自動」なのでストレージがいっぱいであっても、条件を満たせば律儀に行おうとします。
なにせ「自動」ですからね(;^_^A
アップデートやバックアップの作成を行おうとしてエラー作成を行おうとしてエラー
どこかで見たことのある公式が出来上がりましたね(;´・ω・)
これが続く事でリンゴループを引き起こすと言われています。

そして「ストレージ」とはよく「内容量」とも言い換えられますが
イメージしやすく「大きなテーブルのようなモノ」を想像してください。
その「ストレージ」が不足しているというのは「テーブル上がスペースが無いくらいモノで溢れかえっている」という事と同じだと思ってください。
そしてiPhoneに限らずスマートフォンはこの「テーブルの空きスペース」を使用して様々な作業をします。
この作業というのがいわゆる「システム」です。

例えば、お料理をする際にキッチンのテーブルの上に食材や調味料や調理器具で溢れかえっていたら、どれだけ作るのが好きでもお料理するのがとても大変ですよね?新聞や雑誌なんかも置いてあったら尚更です(;´・ω・)
この狭いスペースで材料をカットして、味付けして、焼いて、盛り付けようとしたらお皿が置けない…
それでも、次の料理を要求されて…その次も…さらにその次も…。
ストレスを何度も何度も与え続けた結果「もう無理…」とダウンしてしまった状態…

そ れ が リ ン ゴ ル ー プ で す 。

ある程度イメージしやすいように置き換えましたが、大体こんな感じでリンゴループに陥ります。
最後になりますが、結論に繋がる質問です。
ここまで長々と書いてきたので薄々お気付きかもしれませんが

何故ダウン(リンゴループ)してしまったと思いますか?

 

それは、

「何もせず、普通に使っていたから」

ストレージが一杯になっているのに「何もせず
彼(iPhone)はいつだって教えてくれていたのに「今まで通り普通に
使っていたから「リンゴループ」が起こりました。

 

どうしたらダウン(リンゴループ)しなかったと思いますか?

そうです答えは「知っていればよかった」だけです。

テーブルの上(ストレージ)が整っていれば」負荷が掛かる事無くお料理が作れたわけですからね(;^_^A
※「自分で作る」「家事を分担する」等は今回に関しては「システム」のイメージとしての例えなので大目に見てください<(_ _)>あと「パワハラだ!」「作らせ続けるなんてイジメだ!」などのご意見も同じようにご勘弁願います(-_-;)

具体的には「〇〇ストレージが不足しています」とiPhoneが伝えてきたら「何らかの方法で」空き容量を作ってあげてください。
お気付きかもしれませんが、iPhoneをはじめスマートフォンは「何もせず」に使用できるものではありません。
ある程度の知識が必要な「ちょっと小さいパソコン」くらいのモノです(-_-;)
しかし、だからといって専門家になる必要もありません。

ほんの少し知るだけでスマートフォンはとても快適なアイテムになるのですから
「手入れが必要」や「小難しい知識が必要」それを「知っている」だけで良いのです。
細かい技術や知識なんかは、それこそ私たち修理屋であったり、販売店の方やコールセンターの方々に任せればよいのです(*´▽`*)
何も知らなかったからこそ「何もせず、普通に使っていた」のですからね(-_-;)
知らなったからと言って落ち込む事も、諦める必要もありません。
次は誰かに頼れば良いだけの事なのです。

もっと楽しく♪
快適にスマートフォンを楽しみましょう♪

スマートフォンに関するご相談やお悩みごと、いつでもお聞かせ下さい♪

今回はここまで

乱筆乱文御容赦<(_ _)>

 

ご相談、ご予約はこちら
Twitterもやってます♪

この記事を書いた店舗

iCracked Store マルイシティ横浜

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒220-0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12 マルイシティ横浜 B1F


10:30〜20:30 《最終受付19:30》年中無休

☎ 045-577-0707


マルイシティ横浜店HPへ ストア一覧へ