MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

【iPhone】リンゴマークから動かない…

iCracked Store 大宮 最終更新日: 掲載日:

こんにちは!iCracked Store大宮店(東急ハンズ大宮店5F)です。

 

木枯らしの吹く季節になってきましたね~_(:3 」∠)_ 当店でも手消毒やマスクなどコロナ対策はバッチリしつつ、来年は落ち着いた年を過ごしたいところです。

さて、本日のお題は度々ブログでも書いている、iPhoneの電源を入れた時に出るリンゴのマークから一切動かなくなる通称「リンゴループ」についてです。

最近この症状でのお問合せも多いので、改めて原因や対策に触れてみようかなと思います。

 

どうゆう状況で起こりやすいか?

 

①端末の容量が足りない

設定アプリ → 一般 → iPhoneストレージで確認できる端末本体の保存容量がいっぱいになってしまっている場合です。

端末内のデータ容量が少なくなってくると画面のフリーズを起こしたり、勝手に再起動をしてしまったり、最悪の場合はリンゴループとしてシステムエラーが発生してしまいます。

やっぱり使っていないアプリや要らないデータは普段からこまめに消すのが吉ですね。

 

②バッテリー劣化

バッテリーから起動に必要な電力が得られていない場合です。

充電ケーブルに挿すとリンゴループが始まるが、ケーブルを抜くとすぐに電源が落ちるという症状の場合は、バッテリー劣化によるものの可能性があると言えます。(※このまま放置していると、ケーブルを挿しても全く電源がつかなくなることも…)

 

③アップデート失敗

①で挙げた容量不足にもかかってくるのですが、OSのバージョンが古すぎたり、システムアップデート中に通信が切れてしまった場合などにリンゴループに陥るパターンが多いです。

 

④端末内部の基盤損傷

文字通り内部の基板が損傷しているパターンですね。

やはりスマホも精密機器、水分や衝撃などが加わることであっけなく傷んでしまうものです。

こうなってしまうと本体交換をするしか方法がない場合がほとんどです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?ここまでご覧いただけた方には「リンゴループはiPhoneのシステム異常が原因」という事がお分かりいただけたかと思います。

もしもリンゴループになってしまったら、落ち着いて当店やお近くのiCracked店舗までお問合せ頂くか端末をお持ちになって頂き、お客様にも見て頂きながら診断させて頂ければと思います。

実際に当店で復旧作業が可能であればiTechサポートというサービス(30分3300円)にて復元のお手伝いさせていただいております。是非一度当店までご来店ください。

また当店では他にもバッテリー交換やディスプレイ修理、その他修理も行っております。

困りごとやご相談なども、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

お問合せはコチラ↓

050-3580-4556

お忙しい方もWEBサイトからも予約可能です!

詳しくはコチラ!

※予約方法

①エリア検索→関東(東京からは除く)

②店舗を選択→大宮

③サービス選択→iPhone 修理

④予約日時選択

⑤機種と修理メニュー選択

本日も21時(最終受付20時)までお待ちしております。

この記事を書いた店舗

iCracked Store 大宮

iCracked Store 大宮

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒330-0854

埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-3 DOMショッピングセンター東急ハンズ大宮店5F


10:00〜21:00《最終受付20:00》年中無休

☎ 050-3580-4556

ストアページへ 全国のストア一覧へ