MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

リンゴループになってしまった場合!

iCracked Store 池袋60階通り 最終更新日: 掲載日:

こんにちは!

iCracked Store 池袋店です!

今回はiPhoneのリンゴループについてお話させて頂きます!

そもそもリンゴループって?

リンゴループに陥り アップルマークのまま動かなくなった iPhone 12 Pro MAX の復活方法 - No Second Life

iPhoneをお使いの方は一度は耳にしたこともあるかもしれない恐怖のリンゴループ…

上記の写真のように画面上にリンゴのマークが延々と表示され、

操作を含め何もかも出来なくなってしまう症状のことです…

リンゴループになる原因

リンゴループになる原因はいくつかあります。

・アップデートが上手く行われなかった

・容量(ストレージ)がいっぱい過ぎてシステムがクラッシュしてしまった

・バッテリーの劣化しているため、安定した電力を送れない

・システムや基板に何らかの障害がでている

・SIMカードの不良

などの原因でリンゴループになるケースがあります。

リンゴループは直せる?

まずは強制再起動をしてみましょう!

運が良ければ再起動で直る場合もあります。

強制再起動のやり方は、機種ごとに違うので適した方法で操作してみましょう。

 

次に試してみるのが、SIMカードの抜き差しです。

SIMカードが故障してしまった場合はSIMカードをを抜いて再起動をかけると直る場合があります。

 

iPhoneの容量不足(ストレージ)が原因の場合。

この原因の場合、パソコンを使用してアップデートをするか、初期化するしか方法がありません。

初期化した場合買った時に戻ってしまうので、日頃からこまめなバックアップを

取ることをおすすめします。

初期化は最終手段

ここまでいろいろ試してみてダメだった場合は初期化するしかないかもしれませんが、

初期化する前に一度正規店や、当店の様な修理店に持っていくのも一つの手かと思います。

リンゴループが発生してしまったら

リンゴループはいつ発生するかわからない不具合になり、

それが恐怖のリンゴループと言われる原因ですが、リンゴループになってしまっても、

慌てずに落ち着いて対処することで、直る確率はアップします。

ご自身で判断がつかない場合や、どうしていいかわからない場合は、

当店までご相談、ご来店ください!

当店であれば即日対応が可能な場合もあります。

お気軽にご連絡ください!

 

 

 

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 池袋60階通り

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone 修理は勿論、国内唯一の Google 正規サービスプロバイダとして Google Pixel シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

170-0013

東京都豊島区東池袋1-2-1-2F


11:00~20:00《最終受付19:30》年中無休

☎ 03-6907-0016


池袋60階通り店HPへ ストア一覧へ