MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

AirPodsの修理代金はいくら?保証や保険は必要か分かりやすく解説

iCracked Store 東急ハンズ渋谷 最終更新日: 掲載日:

本記事ではAirPodsの各世代の紹介をしつつ、壊したときの修理代金もなどを合わせてご紹介いたします。

AirPodsは、iPhoneやiPadと比べると比較的端末価格は安いので修理費用のことは考えない方も多いのですが、AirPodsはとても小さくて軽いので、落としたり洗濯機でそのまま洗ってしまうことも良くあります。

AirPodsの保険は必要か?価格と修理代金、保証・保険サービスの内容を本記事でご確認いただいた上でご判断いただければと思います。

 

AirPodsの本体価格

まず始めに、各世代のAirPodsの価格を紹介します。

機種名 価格
AirPods(第3世代) 23,800円(税込)
AirPods Pro 30,580円(税込)
AirPods(第2世代) 16,800円(税込)

 

AirPods Proが1番高い金額でその次にAirPodss(第3世代)、1番安いのが(第2世代)という順番になります。
この金額の差はどこにあるのか、スペックにどれだけ差があるのか比べてみましょう。

AirPodsのスペック比較してみました

AirPods(第2世代)機能

  1. ワイヤレス充電可能
  2. Siriに対応している

AirPods(第2世代)に備わっている機能になります。実はこの上の機能2つはPro、(第3世代)どちらも
ついている機能になるので(第2世代)はかなり最低限の機能といった形です。

AirPods Pro機能

  1. ノイズキャンセル機能搭載
  2. 装着感をカスタマイズ
  3. 音質の向上
  4. 耐水機能搭載

AirPods Proは(第2世代)の機能に追加して上の4つの機能が備わっています。最大の魅力はノイズキャンセル機能です。
この機能は外部の音をシャットアウト出来るというもので音楽を集中して楽しむことが出来ます。更に音質に関しても
各段に上がっており
、低音・高音を綺麗に表現してくれます。また、装着感をカスタマイズできるようになりましたので
自分の耳にあったカスタマイズが実現できるようになりました。

AirPods(第3世代)機能

  1. 高速充電、充電最大容量
  2. 音質の向上
  3. 耐水性機能搭載

AirPods(第3世代)はProシリーズと比べてバッテリーの持ちが上がりました。音質に関しては(第2世代)に比べて
上がっているもののProよりは少し劣ってしまい、ノイズキャンセル機能がなくなってしまいました。感覚的には(第2世代)とProの間のスペックに金額と
いった形です。

AirPodsはサイズもとても小さくてケースから出すときに落としてしまったり、耐水性はあるものの100%水没しないと
いうものでもありません。もし事故を起こしてしまった時修理をしたらどれぐいの費用がかかるのかをまとめしました。

 

AirPodsの修理代金

AirPodsの修理代金はどれぐらいかかるのか、
スマホを故障したことのある方ならわかるかもしれませんが、端末の修理代は急な出費となりますので、価格をある程度把握していないと痛い目を見ます。
ワイヤレスイヤホンは滅多に壊れないから保証は必要ないと思うかもしれませんがそんなことはありません。
修理に関しては、基本的に修理ではなく交換対応となりますので数千円で修理が済むこともない点にも注意が必要です。
Appleは他製品と同じく、AirPodsにもAppleCare+を提供しており、加入料金は3,700円です。
サービス料 保証対象外 紛失
AirPods Pro 3,700円 10,780円(片方) 10,780円(片方)
Wireless  Charging Case
for AriPods Pro
3,700円 10,780円 11,880円
AirPods 3,700円 8,580円(片方) 8,580円(片方)
Charging Case 3,700円 7,480円 7,480円
 Wireless  Charging Case 3,700円 8,580円 9,680円

AppleCare+に加入していなかった場合、修理代金が7,480円~11,880円かかりますので端末の購入価格から考えると安くはありません。また、AppleCare+に加入をしていてもあくまでも安く修理を受けることが出来るということであり、無料で修理が出来るわけではないのでその点に関しては注意が必要です。

 

保証をつけないという方は相当大切に使った方がいいと言えますが、やっぱりアクセサリ系の商品ってスマホより雑に扱いがちなので、保証をつけとくのが良いと思います。『iPhoneを探す』の機能でAirPodsを探すことも出来ますが、探せるのは最後に使用した場所(ケースを開けてbluetoothがつながったところ)ですので、なくしたと気づいた時にはあまり意味がないことも多いです。

 

当店おすすめ『モバイル保険』ならAirPodsにも最適

モバイル保険は電子機器に特化した補償サービスとなっています。
また、モバイル保険は持っているスマホ以外にも無線通信の電子機器も補償の対象になっています。かつ、1契約で3台までスマホなどを含めて補償できるという内容です。

※無線通信とは、モバイルデータ通信やWi-Fi、Bluetoothに繋がるものをさします。スマホ以外のタブレットなど高額な端末の補償としても利用可能です。

 

■対象端末

・スマートフォン
・タブレット
・ノートパソコン
・スマートウォッチ
・モバイル音楽プレイヤー
・携帯ゲーム機
・モバイルルーター
・ワイヤレスイヤホン(AirPods など)

 

■端末組み合わせ例

「スマートフォン(主)+Apple Watch(副)+AirPods(副)」など、自分の所有する端末にあった組み合わせができます。

注意点としては副端末に関しては保険金が上限3万円となってますので、高額商品を副端末に設定しないようにしましょう。

 

 

■申込・登録方法

モバイル保険はオンラインで申込をいただくか、当店にお越しいただければサポートさせていただきます!申込時に端末を登録することが出来ますし、登録端末は後で変更をかけることもできます。
マイページから登録している古い端末を新しく購入した端末に変更すれば、引き続き保険を受けられる仕組みです。
 
予算の関係上、中古で購入する人もいると思いますが、中古だと、AppleCare+に加入することが出来ないので困る!という方にもオススメです。モバイル保険は中古でも、販売しているショップが3ヵ月以上の補償がついていれば、加入OKです。中古でモバイル保険に申込をしたい場合は、購入するショップが3ヵ月以上の保証をしているか確認しましょう。
モバイル保険の申込はこちらから↓モバイル保険の詳細はこちら

まとめ

今回はAirPodsの2世代~3世代の金額、修理金額、機能について話をしてきましたが、自分にあう世代はどの世代なのか、またもしもための補償も検討したうえで購入を考えてくれたらと思います。

この記事を書いた店舗

iCracked Store 東急ハンズ渋谷

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone 修理は勿論、国内唯一の Google 正規サービスプロバイダとして Google Pixel シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒150-0042

東京都渋谷区宇田川町12-18 東急ハンズ渋谷店1Bフロア


10:00~21:00《最終受付20:00》年中無休

☎ 03-5784-0671


東急ハンズ渋谷店HPへ ストア一覧へ