MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

ahamo(アハモ)の評価や評判は?データ容量や通話プランなどの事前情報!

iCracked Store 銀座ロフト 最終更新日: 掲載日:

ahamo(アハモ)のプランの特徴と評価

ahamo(アハモ)は月額2,970円(税込)であり、データ容量20GB、5分までの国内通話は何度でも無料という、これまでのスマホ料金プランに対して格安なプランとなっています。
2021年3月からスタートしましたが、実際の評価や評判はどうなのでしょうか。

データ容量についての評価

データ通信容量20GBというと、検索やメッセージのやりといった基本的な使い方であればかなり余裕のある数値で、動画を大量に見ない限りはそうそう超えることはありません。
大容量プランを使っている人の大部分がその容量を使い切っていないらしく、多くの人にとって十分といえる数値です。

20GBを大きく超えてしまうヘビーユーザーは使い放題プランの利用を勧めますが、月によっては少し超えるかどうかといった程度であれば、1GBあたり550円(税込)とこれまでより安価に容量追加が出来る上、そもそも速度制限後も最大1Mbpsの速度が出るためそのまま使い続けることも十分可能となっています。

以上の点から、データ容量については概ね満足という評価を得ているようです。

通話についての評価

5分以内の通話し放題は、従来のドコモのプランでは月額700円かかるサービスでした。
これが含まれて月額2,970円ということで、非常にお得感があります。
飲食店や美容院の予約、家族や友人との簡単な連絡など、音声通話の大部分は5分以内におさまっているため、これで十分という人が多いかと思います。

仕事などでよく通話をし5分では到底足りないという人にも、プラス1,100円(税込)で制限なしの国内通話かけ放題にすることが出来るので安心です。
これは従来と同じ料金設定となっているため特に高いということもなく、自身の利用状況に合わせて選択できます。

ahamoの通話の評価が分かれるとすれば、全く通話をしないという人でしょう。
近年はLINEトークなどの通話アプリも多数出てきており、家族や友人・知人としか話さないという場合には通話を一切せずに済ませることが可能です。
auやソフトバンクの競合プランは音声通話なしでahamoより若干安いため、音声通話の定額を外せないというのはahamoのデメリットとして捉えうるポイントとなっています。

対応端末と手数料について

ahamoの対応機種は、公式サイトに一覧が掲載されています。

ahamo(アハモ)選べるスマホは、2021年3月のリリース時点では3種類です。
SIMのみの購入ではなくスマホとSIMを同時に購入する場合、スマホ代の支払いは一括、あるいは36回払いのどちらかを選べます。

対応端末への評価

ahamoの対応機種として明言されているのは、iPhoneが21機種、Androidが72機種の計93機種で、近年ドコモで取り扱われた機種は基本的に対応しています。
他社取り扱いの機種についても動作確認は済んでおり、動作が確認できた端末の一覧が公式サイトに掲載されています。
これらも基本的には対応していると考えて問題ありませんが、ドコモとしては取り扱っていない端末の動作保証やサポートは出来ないため、あくまで参考という扱いとなっています。
対応機種は多く、iPhoneをはじめとする人気シリーズも網羅されているので、あまり不満の声は見られません。

加えて、ahamoの申込時にahamo向けの端末も同時購入することが出来ます。
ラインナップはiPhone 11(4G LTE)、Xperia 1 II SO-51A(5G)、Galaxy S20 5G SC-51A(5G)の3機種のみで、いずれも最新機種ではありませんが定価より安く手に入れられるのがメリットです。
同時に機種変更を考えていた場合には、十分選択肢となりえます。

手数料への評価

事務手数料は新規、乗り換えともにかからない点に関しては、高評価が多く目にとまります。
2年縛りもなく解約料金も発生しません。
総じて、利用料金以外の費用はほとんど発生しないプランとなっています。

補償に関する評価

補償サービスについては従来のスマホプランと同様、契約時のオプションサービスとして、各自の判断のうえで加入することになります。

ケータイ補償サービス

Xperia 1 II SO-51A(5G)、Galaxy S20 5G SC-51A(5G)といったAndroid端末を選んだ場合の補償オプションです。
月額料金825円(税込)で故障・水濡れ・盗難・紛失など幅広いトラブルに対応しています。
また、初回31日間は無料となっているため、安心して利用することができます。

AppleCare+ for iPhone

iPhone 11(4G LTE)向けのメーカー補償プランです。
月額770円(税込)でAppleによるハードウェア製品保証を受けることができます。
過失や事故による損傷の修理を、1年で2回まで受けられます。

補償オプションをつけないとどうなる?

ahamo(アハモ)はオンラインのみの手続きとなり、対面でスタッフから補償オプションの勧誘を受けることがありません。
スタッフから説明されて不安になって、思わず入ってしまうこともなくなりました。
一方、最初は少しでも月額費用を安くしたいと補償オプションをしたものの、後になって不安になる方もいます。

モバイル保険がおすすめ

ahamo(アハモ)の補償オプションではなく、モバイル保険に加入する方が徐々に増えてきています。
さくら少額短期保険株式会社のモバイル保険は月額700円で3端末カバーでき、ほかにも多くの手厚いサービスを提供しています。
気になる方は、下記から詳細をチェックしてみてください。

モバイル保険の詳しい説明はこちら

この記事を書いた店舗

iCracked Store 銀座ロフト

iCracked Store 銀座ロフト

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒104-0061

東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館3F


平日・土曜・祝日 11:00~21:00《最終受付20:00》日曜 11:00~20:00《最終受付19:00》 ※新型コロナウィルス感染拡大防止のため 4/25〜5/11は下記の営業時間となります。 11:00~18:00《最終受付17:00》

☎ 03-6228-6174


ストアページへ ストア一覧へ