MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

【iPhone13シリーズ搭載予定の機能】7/30時点でのリーク情報

iCracked Store 銀座ロフト 最終更新日: 掲載日:

こんにちは、iCracked Store銀座ロフトです。

2021年も明後日から8月になりそろそろ新型iPhoneの発売が近づいてきました。

昨年のiPhone12シリーズはコロナウィルスの影響もあり例年の9月ではなく10,11月の発売となりましたが、

今年はパーツの生産も順調に進んでおり、このまま行けば例年通りの9月発売になりそうです。

 

そしてなにより気になるのはその機能や外観

昨年の12シリーズはiPhoneとして初の5G対応やiPhone 4sの様な角ばったデザインが人気を呼び、相当な数の

売り上げになったようです。

そんな中、今年のiPhone13(12sの可能性もあり)は現時点でどのような機能が搭載されるのか、

どのようなデザインになる噂があるのか紹介していきたいと思います。

 

デザイン

まずはデザイン面から紹介します。

iPhone12で大幅なデザインチェンジがあったので、

おそらく今回のiPhone 13シリーズは小規模のマイナーアップデートになるのではないかという予想のようです。

 

デザイン

・滑りにくくグリップ感のある背面デザイン

iPhone 11シリーズ以降、Proモデルにはすりガラスでマットな質感の背面になっていますが、

iPhone 13 ProまたはiPhone 13 Pro Maxでは、グリップ感が増して滑りにくくなると報じられています。

・Proモデルの指紋などの汚れが目立たない

Proモデルには指紋や汚れが目立たないコーティングが施されるのではないかとのことです。

・ボタン、カメラ配置の変更

カメラのサイズ・配置、音量ボタンやマナースイッチの位置が変わるため、

iPhone 12シリーズのケースを使い回すことはできないようです。

例えば、デュアルカメラ(カメラが2つ)は今まで横並びでしたが、斜め配置になる可能性があるようです。

・画面上のノッチが小型化

ノッチというのはXシリーズ以降では共通の『画面上部にある出っ張り』です。

デメリットとしては、『単に気になる』『電池残量が%表記で見られない』などがありましたが、

そのノッチが小さくなるのではとのことです。

 

機能

Touch IDの復活があるとのことで、前面液晶は変わらす、

ディスプレイ埋込み型という形でTouch IDが復活するとの噂があります。

そして512GBの1TBの端末販売があるとの噂も!

 

 

投稿者:MH

 

 

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 銀座ロフト

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒104-0061

東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館3F


平日・土曜・祝日 11:00~21:00《最終受付20:00》日曜 11:00~20:00《最終受付19:00》

☎ 03-6228-6174


銀座ロフト店HPへ ストア一覧へ