MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iphoneのカメラで綺麗に撮るために

iCracked Store 池袋60階通り 最終更新日: 掲載日:

こんにちは~!

iCracked Store 池袋60階通り店です。

年々と機能が良くなり、デジカメを持ち歩かなくても気軽に綺麗な写真が撮れるように

なってきたiphoneのカメラ機能。

今日はちょっとした工夫をするだけで綺麗に撮れるコツについてご紹介します!

ピントと明るさ調整で印象が大きくかわる

AFロック機能を使って、ピントと明るさの基準にする場所を固定することで、

明るさを抑えた状態で撮影できます。

AEロックの使い方は簡単!画面を長押しするだけです!

ココを撮りたい!という場所を選んで「AFロック」を使ってみましょう。

できるだけ光が密集している所がオススメです。

img_04

光が入る向きに注意して明るさ調整機能を活用する

img_main

太陽がある方にレンズを向けて撮影してしまうと、

逆光になり対象物がどうしても暗く映ってしまいます。

なのでなるべく太陽を背にして撮るようにすると、綺麗に撮ることができます!

どうしても逆光になってしまう場合は、カメラの明るさ調節することで、

ある程度明るく撮ることもできます。

やり方はピントを合わせたい場所をタップして、四角い枠の右側に表示される太陽のアイコンを

上にドラッグすると明るく撮影できます。

映り込み対策でガラス越しでもキレイに

距離

映り込みをなくすには、iPhoneのカメラレンズを水槽のガラスに密着させるだけです。

たったそれだけで、背景などの映り込みがなくなってキレイな写真が撮影できます。

「目線」に合わせるとバランスのとれた写真が撮れる

iPhoneでお子さまを撮っている方は多いと思います。

iPhoneに限らずですが、子どもを撮る時に気をつけたいのが「目線」。

ついつい大人の目線で撮ってしまいがちですが、しゃがんだり座ったりして

子どもの目線を意識して撮ると背景もしっかり映り込み、その場の状況も含めて写真に残せます。

 

他にも上手く撮るコツはいっぱいありますが、何も気にしないで撮っていた方は、

ぜひとも実践してみてください!

この記事を書いた店舗

iCracked Store 池袋60階通り

iCracked Store 池袋60階通り

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixel3シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

170-0013

東京都豊島区東池袋1-2-1-2F


11:00~20:00《最終受付19:30》年中無休

☎ 03-6907-0016

ストアページへ 全国のストア一覧へ