MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

「動作が緩慢に感じた」「アプリの起動に時間がかかる」それはiPhoneのストレージ不足の可能性が・・・!?

iCracked Store 吉祥寺

こんばんは、iCracked Store 吉祥寺です!

 

本日も生憎の曇りですが、20時まで通常通り営業しております!!

皆さんは、iPhoneを使っていて、

「動作が緩慢に感じた」「アプリの起動に時間がかかる」等感じたことはありませんか?

それは、もしかしたらiPhoneのちょっとした不調やパフォーマンスダウンのサインかもしれません。

バッテリーの寿命もしくは、ストレージ不足に起因する場合が少なくありません。

ストレージとは!?

ストレージは「記憶領域」の事であり、iPhoneで撮った写真や動画、アプリやゲームとそのデータ、受信メール等、

iPhoneのデータ保管庫のような存在です。iPhoneで購入時に必ずみる64GB,256GBなどがそれに当たります。

※ストレージは購入後に増やす事ができないため、購入時の容量で様々な記憶を保管しなければなりません。

 

改善方法としては、

①ストレージの問題であれば、不要データの削除など。

②バッテリー消耗であれば、バッテリー交換

 

まずはiPhoneのストレージの状態を把握する

皆さんは、ご自身のiPhoneのストレージの利用量や空き領域を把握しておくのが大事です。

iPhoneアプリから「設定」→「情報」、または、「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」と進むと、その時のストレージの状態を見る事ができます。

「情報」では、端末の全容量と使用可能な空き容量の他、保存されている音楽・ビデオ・写真・アプリの件数を見る事ができ、

「iPhoneストレージ」では、保存されている記憶の内訳を視覚で見る事ができ、どのアプリがどの程度の記憶領域を消費しているかを把握する事ができます。

もしいっぱいになっていたり、不要なものがあればそれを削除してみましょう。

バッテリー交換を試みる

次は、iPhone自体を動かしている原動力となる「バッテリー」。

バッテリーは消耗品であり、摩耗してしまうので目安としては、①年半~②年くらいでバッテリー交換が理想と言われております。

バッテリー交換をするには、内蔵されているので、修理に出す必要があります。

 

当店であれば、即日対応可能であり、データも基本的にそのまま

 

iPhoneの不明点やお困りごとも、当店にお任せください。

 

本日も20時(19時半最終受付)まで営業しております。

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 吉祥寺

iCracked Store 吉祥寺

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-3

10:00〜20:00《修理最終受付は19:30まで》

0422-27-2491

ストアページへ