MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

耐水と防水って何が違うの?-_-?☆kh☆

iCracked Store 立川 最終更新日: 掲載日:

こんにちは╰(*´︶`*)╯
iCracked Store 立川です♪♪

昨日はblog更新がお休みになってしまいました😖
楽しみにしていた方ほんとうにごめんなさい🙇‍♀️
今日からまた更新していきますのでよろしくお願いします☺️

昨日今日と涼しく過ごしやすいですね🌾😀

でも、天気予報のアプリを開いてみると…、明日から日中はまた30℃以上の予報💦
まだまだ残暑は厳しそうです💦



さて今日の本題に入りましょう☺️

iPhone7以降の機種は耐水になってますが、当店にも水没で持って来られる方が多いです😨
因みに防水と思っている方も非常に多いかと思います❗️
防水耐水の違いってなんなのか調べてみました🙂

    耐水とは➡︎水がしみ通らないこと。また水によって変質や破損しないこと。
    防水とは➡︎水が染み込むのを防ぐこと。水が入ったりしみこんだりしないように処理・加工すること。


うーん…似たような感じですね💦
因みにiPhone7はAppleの公式サイトでIP67等級に適合と記載がありました。

    IP67等級IP6X/IPX7(長くなるので説明は省略…)

IP6Xは固形物に対する保護の等級(防塵)、
IPX7水に対する保護の等級(防水)を表すそうです。


iPhone7のIP6Xは固形物に対する保護等級で6級レベルを意味し、それは粉塵が中に入らないこと(耐塵型)。
IPX7は水に対する保護等級で7級レベルを意味し、それは一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがないもの(防浸形)。ってことだそうです❗️

調べた結果、
防水と耐水はほぼ同じ意味で、耐水とは防水の保護力のレベルを示すもの
なので耐水と防水はどっちが強いとか比べるものではないっていうことらしいです💦

【結論】
完全防水ではないので濡らさないことが一番ですね💦


それでも万が一水没させてしまったら…
早めにiCracked Store 立川へお持ちください♪
本日も21:00まで元気に営業していますので、ご来店お待ちしております(^^)


iCracked Store 立川
スタッフ一同(#^.^#)

この記事を書いた店舗

iCracked Store 立川

iCracked Store 立川

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixel3シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒190-0012

東京都立川市曙町2-7-17 立川1F


10:00~21:00《最終受付20:00》年中無休

☎ 042-519-3378

ストアページへ 全国のストア一覧へ