MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhoneSE(第2世代)の各キャリア端末価格比較!修理代金は?保証・保険は必要?

iCracked Store 渋谷 最終更新日: 掲載日:

とうとうiPhoneSE2が発売されましたね!

給付金の10万円でスマホの機種変更を検討されている方もいらっしゃるんじゃないかと思い

本記事では、iPhoneSE(第2世代)の価格を各キャリアで比較して紹介します!

あわせて、修理代金もご紹介しておりますので、せっかく新しく買ったiPhoneが万が一壊れてしまった時のリスクがどれくらいかも参考にしてもらえればと思います!

 

1.各キャリアの端末価格比較

iPhoneSE(第2世代)は64GB/128GB/256GBの3つの容量に応じて、価格が異なります。

使いたい容量と、価格を比べて購入する際には検討してみてください。

 

64GB (端末価格/スマホ購入プログラム適用時価格)

docomo au softbank
端末価格 1,584円 x 36回

(57,024円)

1,250円 x 23回
(55,270円)
1,200円 x 48回
(57,600円)
プラグラム適用時

価格

1,584円 x 24回
(38,016円)
1,250円 x 23回
(28,750円)
1,200円 x 24回
(28,800円)

128GB (端末価格/スマホ購入プログラム適用時価格)

docomo au softbank
端末価格 1,738円 x 36回
(62,568円)
1,390円 x 23回
(61,250円)
1,335円 x 48回
(64,080円)
プラグラム適用時

価格

1,738円 x 24回
(41,712円)
1,390円 x 23回
(31,970円)
1,335円 x 24回
(32,040円)

256GB (端末価格/スマホ購入プログラム適用時価格)

docomo au softbank
端末価格 2,090円 x 36回
(75,240円)
1,705円 x 23回
(75,215円)
1,635円 x 48回
(78,480円)
プラグラム適用時

価格

2,090円 x 24回
(50,160円)
1,705円 x 23回
(39,215円)
1,635円 x 24回
(39,240円)

 

結果、端末価格もプログラムを適用時の価格も、ともにauが最安となりました。

ただし、ドコモの場合はのりかえ時のみ端末購入割引とはじめてスマホ購入サポートの適用で上記の端末価格から割引されて、22,000円お安くなります。

MNPまで考慮すると、ドコモが最安ですね。

 

2.スマホ購入プログラム

ここで、スマホ購入プログラムについてご存じでない方もいらっしゃると思いますので解説します。

各キャリアともに、総務省の規制により、端末価格を直接値引いて販売することが出来なくなったこともあり

『ある一定期間の間割賦代金の支払いを続けること』

『端末を返却すること(ドコモ以外はで端末を新しく購入することも追加条件)』

を条件に、本来の割賦残債を支払わなくても、新しい端末を購入できる仕組みを作っており、それをスマホ購入プログラムと呼びます。

(車で言う、残クレみたいなものですね)

この仕組みのおかげで、各キャリアともに端末価格の半額程度の値段でiPhoneが買えるように見せているのですが、注意点としては端末の返却が条件になります。

各キャリアのプログラム名称と内容

  • ドコモ→スマホおかえしプログラム:加入して24回支払いしたあと、端末を返却した場合に実質の割賦代金が安くなる
  • au→かえトクプログラム:加入して25ヵ月目までに新端末に買い替え、今の端末返却した場合に割賦代金が安くなる
  • ソフトバンク→トクするサポート:加入して25ヶ月目に指定端末の購入および端末を返却した場合に割賦代金が安くなる
docomo au softbank
プログラム名 スマホおかえしプログラム かえトクプログラム トクするサポート+
分割回数 36回 23回+残価分 48回
支払い不要残債 最大分割12回分 残価分 最大分割24回分

 

3.端末の修理代金

端末の価格がわかったところで、機種を壊してしまった場合の修理代金をご紹介します!

iPhoneSE2の修理代金

カテゴリ 保証加入なし AppleCare+加入時
画面割れ 14,500円(税抜) 3,400円(税抜)
その他修理 ¥30,400(税抜) ¥11,800(税抜)

保証をなしの場合だと、修理代金が3万円もかかってしまうので、端末価格から考えるとだいぶ高く感じますね。

また購入プログラムを利用している場合、端末が壊れていると返却時に追加料金がかかる場合がありますので、可能であれば修理できるようにしておいた方がいいです。

また、AppleCare+には一括8,800円(税抜)で加入できます。

 

4.当店オススメのモバイル保険

上記では、AplleCare+との比較で修理代金を紹介しましたが、当店では『モバイル保険』というスマホ保険をオススメしております!

モバイル保険は『月額700円で3端末まで補償対象にすることができ、年間10万円まで修理代金を補償してくれる』というサービスで、iPhone/Android問わず加入が可能です!

 

先ほどのAppleCare+とサービス内容を簡単に比較します!

カテゴリ モバイル保険 AppleCare+
利用料金 月額700円 一括8,800円 (税抜)
修理負担金 0円 最大11,800(税抜)
利用回数制限 10万円まで何度でも 2年間で2回まで
対象端末数 3台 1台

月額払いと一括払いの違いはありますが、サービス内容としては断然モバイル保険の方がいいとおもいます!

(月額料金もキャリアの保証とくらべても安いと言える内容になってます)

 

当店モバイル保険おすすめポイント理由①:免責金がない!

AppleCare+の場合、修理する度に月額とは別にお金が発生してしまいますが、モバイル保険であれば10万円以内の故障であれ全額補償してもらえます!保険料以外にお金がかからないのが良いですね。特に、iCrackedで修理するお客様であればキャッシュレス(免責金なし)で修理することも可能です!

当店モバイル保険おすすめポイント理由②:購入から申込まで1年間の猶予がある!

AppleCare+の場合、端末を購入してから30日以内に申込をする必要がありますが、モバイル保険であれば端末購入1年までの方であれば加入できます!iPhoneを購入した際は保証がいらないと思っていたあなたも、まだモバイル保険に今から入れるかも!?

当店モバイル保険おすすめポイント理由③:複数端末のメリット

対象端末を3台(主端末1台・副端末2台)まで登録することができ、家族の端末やノートパコンやスマートォッチも一緒に保険にかけておくことができるのが良いです!

一人で二個・三個端末を持っているようなお客様も多くなってますので、そういったお客様にはさらにオススメです!

 

当店ではモバイル保険の取り扱いをしておりますので、スマホの保証に興味のある方、保険を見直したい方はお気軽に店までお問合せください!

ウェブからの申込もできますので、モバイル保険の詳細を知りたい方は下記リンクからでもご確認・申込が可能です!

 

 

  

 

 

「モバイル保険」のお問い合わせ先

モバイル保険サービスセンター(受付時間 9:00~18:00):0570-067-789

 

 

この記事を書いた店舗

blog-writing

iCracked Store 渋谷

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixel3シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒150-0042

東京都渋谷区宇田川町12−10


10:00~21:30《最終受付21:00》年中無休

☎ 03-5784-0671

ストアページへ 全国のストア一覧へ