MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

ahamo(アハモ)がドコモのサブブランドに感じてしまうにはいくつか理由がある!?

iCracked Store 東急ハンズ渋谷 最終更新日: 掲載日:

ahamo(アハモ)をサブブランドだと感じている人も多い

ahamo(アハモ)の料金プランや説明を見て、ドコモから出ているメインプランだと感じている方は少ないのではないでしょうか。
内容からもサブブランドに感じてしまう理由がいくつかあり、利用する側からも実は疑問に思われています。
こちらではサブブランドについて、説明をしていきます。

実はahamo(アハモ)はメインブランド?

ずっと料金プランなどを見ていて、ahamo(アハモ)はドコモとは違うと感じている方も多いかもしれません。
サブブランドだと感じながら、申し込みの手続き方法について調べている方もいるのではないでしょうか。
ahamo(アハモ)は一見サブブランドに見えますが、メインブランドです。

若者向けに考えられたメインプランとされている

これまでの料金はプランは少し高めに設定されているものも多く、若者がもっと料金を抑えて動画などを使えるようにと考えたプランとされています。
サブブランドで、幅広い年齢層をターゲットとしているわけではありません。
若者はネットの操作にも強く、サクサクと使いこなす人が多くいます。
そのため手続きはすべてWEBで完結するようにできていますし、簡単な操作で申し込みが可能にもなっているのです。

わかりやすいサービス内容にもなっている

ドコモの料金プランのように複雑化せず、わかりやすい料金プランになっているのも特徴です。
料金プラン自体1つしかなく、税込で2,980円と決まっています。
そして、この中に5分の無料通話料と20GBが付いているのです。
シンプルでドコモと同じように使えないサービスもありますが、若者がSNSをする際や動画を見る際に困らないようなプランとなっています。

メインブランドのプランの1つと聞いてもサブブランドに見えてくる

メインという説明を聞いても、いくつかサブだとしか感じない部分があります。
どういった部分がサブブランドではないかと言われてしまうのか、こちらで詳しく説明していきます。

公式サイトのドメインがドコモとは違う

もしドコモのメインプランの一つだとしたら、ドコモのホームページの中の料金プランの一つとして載ってもおかしくないはずです。
しかし、ドコモのホームページではなく、わざわざahamo(アハモ)専用のホームページが作られています。
はっきりとドコモとは別のプランですよと伝えているかのように、サービス内容は別々の記載になっているのです。
よくサブブランドで発表するとこういったホームページの作りになることは多いですが、同じメインプランと言いながら実はきっちりと分けています。

ネットワークオペレーターの表示もドコモじゃない

ドコモの仲間なはずでありながら、ネットワークオペレーターのところにドコモの表示が付きません。
わざわざahamo(アハモ)と付き、まるでサブブランドのように表示しているのです。
同じブランドの1つのプランだとしたら、これまでと同じようにドコモと表示しても問題ないはずです。

ドコモの窓口では手続きができない

確かにahamo(アハモ)は安い料金プランになっていますので、通常のサービスの一部を削っているとも言えます。
これが店頭やコールセンターでのサポートで、
しかし、ドコモのプランの一つのように言ってはいますが、わからないことがあったときにはドコモに問い合わせができません。
窓口に今までのように、店員さんに言って質問することもできないのです。
ahamo(アハモ)は別物だと、しっかりと位置付けている印象です。

家族割引やデータのシェアなどできないことが多い

同じドコモのメインとしながらも、これまで通常通りできていたサービスが使えなくなります。
その数も結構あり、家族割引やデータのシェアができないことやキャリアメールが使えない、イマドコサーチが使えないなど、1つや2つではなくできなくなることが複数にのぼるのです。
ドコモとして使えるようなサービスは結構制限されてしまうため、サブブランドのような印象を与えています。

MNPの転出手続きも必要な場合がある

2021年5月以降からはahamo(アハモ)へドコモの料金プランから替える際に通常の料金プラン変更のようにできます。
しかし、それまでは、まるで別のブランドのようにMNPの手続きが必要となるのです。
普通メインだとしたら、MNPの手続きはしないイメージですのでここからサブブランドような扱いであったことがわかります。

端末の補償も忘れないようにしておこう

少しでもスマホの料金をお得に使いたいと、毎月の料金に目がいってしまいます。
しかし、本体の料金も今は高いものが多いため、万が一に備えることは重要です。
モバイル保険では、スマホ本体のあらゆるトラブルに備えることができます。
月額700円と安く、いざという時には年間10万円までの補償があるため入っておくだけでも安心です。

補償サービスのことでお悩みでしたら、ぜひモバイル保険についても確認してみてください。
モバイル保険の詳しい説明はこちら

この記事を書いた店舗

blog-writing

iCracked Store 東急ハンズ渋谷

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒150-0042

東京都渋谷区宇田川町12-18 東急ハンズ渋谷店1Bフロア


10:00~21:00《最終受付20:00》年中無休 ※新型コロナウィルス感染拡大防止のため 4/25から当面の間は10:00〜20:00《最終受付 19:00》

☎ 03-5784-0671


ストアページへ ストア一覧へ