MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

楽天モバイル(UN-LIMIT)のメリットとデメリットについて

iCracked Store 東急ハンズ渋谷 最終更新日: 掲載日:

さまざまなキャリアからお得な料金プランが出ており、以前よりシンプルになったとはいえスマホのプランは分かりづらい点も多く、キャリアの選択は悩ましい問題です。
特に2020年4月から始まった楽天モバイルは、安価な一方でキャリアとして日が浅いことから慎重になる人も少なくないのではないでしょうか。
本記事で楽天モバイルのメリットやデメリットについて説明していきます。

楽天モバイルのメリット

2020年の末頃からドコモやSoftBankなどがこぞって新料金プランを出してきましたが、最後に圧倒的にお得なプランを出してきたのが楽天モバイルです。
お得といえるポイントはどこにあるのでしょうか。

基本料金が安く無料で使える場合も!

ほかのキャリアでは考えられない、0円プランがあるのが楽天モバイルです。
なんと1GB以下の場合は0円で、基本料金がまったくかからないのです。
20GB以上で3,278円という料金を見ても安いとは思いますが、中にはそんなにネットで調べることや動画を見ることが少ない方もいるでしょう。
そういった方が1GB以下の場合は、毎月0円でスマホが使えてしまいます。
さらに1GB以上3GB未満の場合は1,078円、3GB以上20GB以下の場合は2,178円とほかのキャリアに比べて大変安くなっています。
結構スマホで動画を見てGBを消費してしまうかも……という方でもお得な料金プランになっているのです。

通話料金も無料?

楽天モバイルは通話料金も無料にすることが可能です。
RakutenLinkというアプリを利用する必要がありますが、このアプリを利用して電話をかければ通話料金は発生しません。
相手もRakutenLinkを利用しないといけないといった条件もなく、通常の音声通話通りに電話をかけることが出来るので非常に便利です。

楽天モバイルは安いのに店頭サポートを受けられる

2020年末からドコモ、au、ソフトバンクが発表した新料金プランは、圧倒的な安さの代わりに店頭でのサポートを受けられない、オンライン専用のプランです。
楽天モバイルはこれらのプランよりもさらに安いプランであるにもかかわらず、店頭でのサポートを受けることが可能です。
万が一手続きで不明点が出てきたりトラブルが起きたりしても、店頭に持ち込んで相談できるのはやはり安心です。
料金を安くしたいけど店頭のサポートも受けたい、という場合には楽天モバイルが最適といえます。

容量無制限でテザリングも便利

他キャリアのオンライン専用の新プランは、いずれも月間のデータ容量が20GBまでです。
従来のプランもリニューアルされ無制限のプランも新たに提供されますが、当然ながら月額料金は高めです。

楽天モバイルは、上限が月額3,278円と他キャリアのオンライン専用プランと同規模の料金でありながら、無制限に通信を利用することが出来ます。
パソコンやゲーム機といった周辺機器をテザリングでネット接続するのにも便利で、容量を気にせず利用することができます。

楽天モバイルのデメリット

メリットだけ見ると、楽天モバイル一択といえるような圧倒的な内容となっています。
しかしキャリアとして日が浅い楽天モバイルにはまだまだ課題も多く、これだけのメリットを用意しなければいけないということなのかもしれません。
現時点で楽天モバイルを利用するのであれば、事前にデメリットについてもしっかりと把握しておくのが望ましいでしょう。

まだ回線のエリアが狭い

楽天モバイルはドコモやau、ソフトバンクと同様に独自の回線網を持つキャリアですが、2021年4月時点では開通エリアは限定されています。
基地局の設置は急ぎ進められていて2021年夏頃に人口カバー率96%を達成する予定とされていますが、山間など人の少ない地域に住んでいる場合にはまだしばらくは利用できないかもしれません。
また、生活圏は開通エリアだとしても、移動先がエリア外になる可能性や、高所や地下で通信が不安定になる可能性も考慮しておく必要があるでしょう。

尚、楽天回線のエリア外だとしても全く通信が使えないというわけではありません。
楽天回線が使えない場合には、パートナー回線としてauの回線で通信を行うことが出来ますが、月間5GBまでという制限があります。

※開通エリアは楽天モバイルの公式サイトで確認できます。

楽天モバイルで使えるスマホの端末補償

スマホの契約と併せて考えたいのが端末補償です。
近年は端末代も壊れたときの修理代も高くなっているので、できれば補償に加入しておきたいところです。

端末補償といえばAppleCare+やキャリアの補償が一般的ですが、もっとオトクな保険があるのをご存じでしょうか。
さくら少額短期保険株式会社という保険会社が提供する、モバイル保険というサービスです。

モバイル保険は、AppleCare+やキャリアの補償と比べても月額料金が安く、1契約で同時に3台まで補償することが出来るのが特徴です。
スマホ以外のモバイル通信機器に幅広く対応していて、機種変更やキャリア変更したときにも補償を継続できるため使い勝手は抜群です。
スマホの端末補償でお悩みの方は、ぜひモバイル保険の加入を検討してみてください。

モバイル保険 AppleCare+
盗難紛失プラン
月額料金 700円(非課税) 1,309円
対象台数 3台 1台
事故時の自己負担金 0円 12,900円
※有償本体交換
修理可能店舗 街の修理店
Apple Store
正規サービスプロバイダ
AooleCare+
正規サービスプロバイダ

この記事を書いた店舗

blog-writing

iCracked Store 東急ハンズ渋谷

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒150-0042

東京都渋谷区宇田川町12-18 東急ハンズ渋谷店1Bフロア


10:00~21:00《最終受付20:00》年中無休

☎ 03-5784-0671


ストアページへ ストア一覧へ