MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

Tile Mate (2020) 機能は十分で値段は半分(AirTag比)

iCracked Store 新橋 最終更新日: 掲載日:

こんにちは!

iCracked 新橋です!

前回ご紹介致しました、先月Appleより登場したAirTagで注目を浴びている落とし物トラッカー。AirTagの登場の前より大きなシェアを持っていたのはアメリカ発のTileなのですが、今回はそのTileのベーシックなエントリー機種であるTile Mate (2020)を簡単にご紹介していきたいと思います!

メリット

  • 電池交換可能で長く使える
  • Tileからスマホの呼び出しが可能
  • Androidユーザーも利用可能
  • ストラップホール搭載でそのままキーホルダー化できる
  • AirTagの半額(約2,000円)で低コスト

デメリット

  • AirTagと比べると心もとないユーザー数
  • 使うボタン電池はちょっとマイナーなCR1632
  • サブスクのみの機能があり、そのサブスクも高めの値段設定(360円/月)である

サイズ感

10円玉やSDカードよりも一回り大きいサイズとなっています。

AirTagと比較するとこんな感じです。AirTagよりも大きいです。ただ、重みは圧倒的にAirTagのほうが上。AirTagは高級感がありますがTile Mate (2020)はおもちゃ感がすごいです。なお、AirTagは11g、Tile Mate (2020)は6gと2倍近い重量の差があります。

厚みはコイン3-4枚程度。この程度であれば財布に入れても問題なさそうです。

Tile Mate (2020)でできること

スマートフォンからTileを鳴らす(60mまで)

Tileにはスピーカーが搭載されており、ペアリング済みのスマートフォンからTileを鳴らすことが出来ます。

AirTagのように方向や距離がわかる機能はないものの、図書館や美術館のような静かな環境でなければ探しものはこれでも十分です。

Tileからスマートフォンを鳴らす(60mまで)

Tileは本体のボタンをダブルクリックすることでスマートフォンのアラームを鳴らすことが可能です。ダブルクリックしてから2,3秒後にスマートフォンから大音量のアラームが鳴るので「スマホどこ置いたっけ?」という問題も解決可能です。

なお、Tile Mate (2020)のBluetooth接続距離は60mまで。よほど広い家でなければ屋内はカバーできるでしょう。ちなみに上位機種のTile Proは120mまでとなっています。

スマートフォンとTileの接続が切れた位置を記録する

また、屋外での落とし物はスマホとのBluetooth接続が切れた位置を記録することでおおよその落とした位置の特定ができる仕組みとなっています。

アプリから接続中かどうか、接続されていないのであればどこで接続が切れたかがわかるようになっています。なお、この機能を利用するにはスマートフォン側でTileアプリの位置情報利用を常に許可する必要がありますのでご注意下さい。

紛失時に他のTileユーザーのスマホと接続することでおおよその位置を通知する

また、TileはAppleのAirTagのように他人のスマートフォンと接続しておおよその位置情報を通知するクラウドトラッキング(簡易GPS)にも対応しています。そのため、落とした後に交番などに届けられた場合でも改めて位置情報が更新されることがあります。

この機能の問題点はTileユーザー数です。AirTagはiOS 14.5搭載のiPhoneが探してくれる一方でTileはTileユーザーしか探してくれません。AirTagと比較すると圧倒的にネットワークが弱いのが弱点ですね。

アラーム音の変更

Tileを使ってて面白いと感じたのがアラーム音の変更機能です。Tileには10種類の通知音が用意されており、好きな音に変更可能です。

AirTagと違って音で探すのがTileの基本です。TileはTileアプリから自分の好きなアラーム音に変更できるのでより一層愛着がわきますね。

低コストでトラッキングできる入門機

Tile Mate (2020)はAirTagに搭載されている「正確な位置を探す機能」やiPhoneを使った広大なネットワークはないものの、アラーム音を利用したモノ探し、落としたおおよその場所の特定、Tileユーザーを使った簡易的なGPSトラッキングができます。「すごい!」という感動はないものの意外とこれぐらいで丁度いいのかもしれません。

一方で、TileはAndroidユーザーも利用可能である上に本体価格はAirTagの半額、ストラップ化にかかるコストを踏まえるとさらに低コストです。一つ約2,000円で購入できるTile Mate (2020)、お守り代わりに購入してみるのも良いかもしれませんね。

 

設定などご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください!

⬇︎Twitter

https://twitter.com/iCrackedStore6?s=09

この記事を書いた店舗

iCracked Store 新橋

iCracked Store 新橋

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒105-0004

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1F ラッキーコレクション内


10:00〜19:00《最終受付18:30》土日祝 定休

☎︎ 03-3597-1655


ストアページへ ストア一覧へ