MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhoneのプライバシーについて

iCracked Store 新宿

こんにちは!

iCracked Store 新宿店です^ ^

 

最近なにかと話題なプライバシー。

iPhoneって個人情報とかプライバシーどういう風に扱われているかご存知ですか?

「iPhoneってなんか他のより安全って聞くけど・・・」

とあまり詳しくは知らない方多いんじゃないですかね。

なので本日はこの話題についてお話したいと思います!

 

個人情報提供を私たちは常に行っている

私たちが常に使っている各種サービス。

これらのサービスに私たちはあらゆる情報を企業に送っているのです。

例えば、よく使う地図アプリ。アカウントでログインして使ってますよね?

だから「性別・年齢・何時・どこへ移動するのか」という情報がこの地図アプリの企業は把握できるかもしれないのです。

企業はオンライン上における個人の活動履歴を実際の企業のマーケティングに利用し、こうした情報を提供することで私たちは便利なあらゆるサービスが無料で使えているのです。

与えられる恩恵が大きく気にも留めてないかたが多いのではないのでしょうか。

 

Appleはプライバシーにこだわる

多くの企業が上記のような方針とる中、Appleはこのようなことはしていないです。

ですがAppleでもサービスを提供したり、その改善を行う為にユーザーから情報を得なくてはいけません。

でもプライバシーにこだわる(守る)ための工夫が施されています。

iPhoneの「マップ」アプリ

アカウントによるログインをしないので、出発地点付近、中間経路、目的地付近の情報だけをAppleに送るので、ユーザーの情報は伝わりません。

 

データの処理を端末の中だけで行う

例えばiPhoneXシリーズから使う「FaceID」。このデータはiPhoneのチップ内だけで処理されます。

なのでオンライン上にはでないし、Appleでさえ知りえないといわれています。

また「Hey Siri」や「写真」アプリの検索機能も同様です。

 

最後に

このようにプライバシーは極めて重要であるという考えは昔からAppleにあります。

プライバシーに関する不安を抱かずに、安心して端末やサービスを使いたいのならiPhoneを選ぶといいかもしれないですね。

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 新宿

iCracked Store 新宿

〒160-0022

東京都新宿区新宿3-28-5 キーストンビル別館

10:00~22:00《修理最終受付は21:00まで》 年中無休

03-6709-9806

ストアページへ