MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhoneの『緊急SOS』機能

iCracked Store 新宿本店 最終更新日: 掲載日:

皆さんはiOS 11で導入された緊急SOSという機能をご存知でしょうか。

これは警察や海上保安庁、消防へ簡単に緊急電話をかけられる機能で、いち早く救援・救助を要請できます。

また、家族などに自動で連絡する設定も用意されているので有事の際には活用できるのではないかと思います(もちろん何もないことを祈っていますが。)

 

やり方

iPhone 8/iPhone X以降:サイドボタンと音量ボタンを同時に長押しするのが基本

iPhone X:緊急SOS

iPhone 8/8 PlusやiPhone Xで緊急SOSを使うには、サイドボタンといずれかの音量ボタンを同時に押し続けます。

 

iPhone X:緊急SOS

緊急SOSスライダー

数秒間押し続けると、電源オフの画面が表示されます。下に表示されている緊急SOSスライダーをスワイプしましょう。

 

 

iPhone X:緊急SOS

通報先をタップすると発信する

警察海上保安庁火事・救急車・消防が表示されるので、通報先を選びます。

画面をタップすると発信する仕組みなので、間違えてタップしないように注意してください。

 

 

iPhone X:緊急SOS(5回クリックでも作動)

なお、iPhone 7以前の端末と同様にサイドボタンの5回押しで緊急SOSを起動できるようにする設定も用意されています。

やり方さえ覚えておけば、こちらのほうが素早く連絡できるので、設定を有効化しておくとよいでしょう。

 

iPhone 7以前:スリープ/スリープ解除ボタンを5回押す

iPhone 6s:緊急SOS

iPhone 7以前では、スリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン、サイドボタン)を5回押して起動します。

その後の流れは、iPhone 8/8 PlusやiPhone Xの場合と同じです。

 

 

【自動通報機能】【緊急連絡先(メディカルID)の設定】に関してはURLで確認いただければと思います。

【参考URL】http://appllio.com/ios-emergency-sos-iphone

 

担当:M・H

この記事を書いた店舗

iCracked Store 新宿本店

iCracked Store 新宿本店

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixel3シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒160-0022

東京都新宿区新宿3-28-5 キーストンビル別館


10:00~20:00《最終受付19:30》年中無休

☎ 03-6709-9806

ストアページへ 全国のストア一覧へ