MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

新料金プランのpovoは加入すべき? メリット・デメリットを整理してサービスを評価!

iCracked Store 新宿本店 最終更新日: 掲載日:

新料金プランのpovoの評判

auから「povo」(ポヴォ)という料金プランが登場しました。
2021年3月23日にスタートした新しいプランということもあり、まだ利用者が少なく、評判もわかりにくい面があります。
本記事では、povoのメリット・デメリット、そして評判などについて詳しくご紹介いたします。

povoのメリット

povoは、月額料金が他社よりも安い、トッピングが利用できるなど、メリットの多いサービスです。
そのため、新規で申し込む方も徐々に増えてきています。

月額料金が低い

povoのよいところは、月額料金が安いことです。
月額2,728円(税込)となっており、これまでのプランに比べると、通信費をかなり抑えることができます。
なお、DoCoMoや楽天モバイルの新料金プランよりも、月額料金が安く設定されています。

20GBのデータ通信が利用できる

20GBまでであれば、不自由なく使うことができます。
月間の利用量が20GBを超えてしまった場合には、最大1Mbpsまで通信速度が下がりますが、追加の費用はかかりません。
通信制限はかかる一方、利用金額が変わらないことは大きなメリットといえるでしょう。

トッピングが追加できる

povoは、トッピングを追加することが可能です。
5分以内の通話が無料になる「5分以内通話かけ放題」プランや、データのことを気にすることなく使える「データ使い放題24時間プラン」など、色々なトッピングが用意されています。
また、これらのトッピングを自由に組み合わせることもできるため、より便利に使うことができるようになるでしょう。

eSIMやテザリングも利用可能

そのほかにも、eSIMやテザリング、auかんたん決済対応など、便利な点が多いのがpovoの特徴です。

povoのデメリット

povoには、デメリットもあります。
契約後に後悔しないためにも、しっかりと確認しておいた方がよいでしょう。

キャリアメールの廃止

povoでは、キャリアメールが廃止となっています。
従来のauプランからpovoへ移行した場合は、これまで使っていたキャリアメールが使えなくなるので注意が必要です。

留守番電話サービスや割引サービスが使えない

留守番電話サービスが使えないことも、povoの残念なところです。
どうしても留守番電話サービスを利用したい場合は、ほかの料金プランを検討するしかありません。
また、povoは家族割プラスやauスマートバリュー、スマイルハート割引などのサービスの対象外となっています。

契約できる人が限られる

povoは、契約できる人が限られています。
20歳以上、かつ、個人が契約の対象となっており、未成年者は申し込みができません。
また、支払いの方法はクレジットカード決済のみとなっています。
成人の方でも、クレジットカードをお持ちでない方は契約できません。

povoの評判について

インターネット上には、povoに関する口コミ情報がありますので、評判が気になる方はチェックしておくとよいでしょう。
Twitterに投稿されていたよい口コミと悪い口コミをご紹介します。

povoのよい口コミ

よい口コミとして、以下のようなものが挙げられます。

・使えるギガ数が多いのに安い
・回線が安定してる
・デジタルネイティブにとってはメリットが多いプラン

povoの悪い口コミ

一方、悪い口コミには以下のようなものがあります。

・キャリアメールが使えなくて不便
・窓口によるサポートが受けられない
・オンラインのみの対応は不安で使いづらい

メリット・デメリットの両方を考慮する

povoには、メリットがある一方、デメリットもあります。
また、評価についてもばらつきが見られ、一概には判断できません。
口コミ情報をチェックする限りでは、料金の安さ、回線の安定性に満足している方が多いようです。
オンラインに慣れている方にとっては、メリットの多いサービスといえます。

スマートフォンの保険についても考えておこう

povoを契約する際には、スマートフォンの補償についても考えておいた方がよいでしょう。
auには、「故障紛失サポート(with AppleCare Services)」という補償サービスがありますが、利用対象となるのは、2021年夏までにauからpovoへ移行した方のみとなっています。
povoには、スマートフォンの補償サービスが用意されていないため、新規契約される方、2021年夏以降に乗り換える方は他社の保険を利用するしかありません。

1契約で3台まで補償が受けられるモバイル保険

povoのような格安料金プランをご利用の方におすすめなのは、さくら少額短期保険株式会社のモバイル保険です。
こちらは、月額700円で、最大3台までの端末補償が受けられるサービスとなっています。
iPhoneやandroidなどのスマートフォン、Wi-Fiルーター、ワイヤレスヘッドフォンなど、幅広い端末に対応しています。
また、満18歳以上の方であれば、どなたでもお申し込みが可能です。
お申し込みや保険金請求などの手続きもオンライン上で行えるので、忙しい方にとっても利用しやすい補償サービスとなっています。

補償サービスのことでお悩みでしたら、ぜひモバイル保険についても確認してみてください。
モバイル保険の詳しい説明はこちら

この記事を書いた店舗

iCracked Store 新宿本店

iCracked Store 新宿本店

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒160-0022

東京都新宿区新宿3-28-5 キーストンビル別館


10:00~20:00《最終受付19:30》年中無休

☎ 03-6709-9806


ストアページへ ストア一覧へ