MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

LINEMO(ラインモ)の評判は?サービス開始で明らかに

iCracked Store 新宿本店 最終更新日: 掲載日:

LINEMO(ラインモ)の評判は?

2021年3月17日にLINEMO(ラインモ)がサービスを開始しました。
実際に使い始めてからわかる、良い評判・悪い評判も徐々に出揃ってきましたので、情報をまとめてみましょう。

良い評判

真っ先に挙げられている良い評判の多くは、通信速度の速さに関するものです。
エリアや条件もありますが、Twitterなどで挙がっている数字は平均的に4G LTEで100Mbps超となっており、これは非常に速い結果が出ていると言えます。
ただし、これはなんといっても、まだサービスが始まったばかりというのが大きなポイントです。
当然ユーザーが少なければ少ないほど速度は速くなるので、この先LINEMO(ラインモ)の契約者数が増えれば、いつまでもこの速度が続くとは限りません。
とはいえ、現在のところ平均的に50Mbpsを超える速度があれば十分と評価される中で、倍を超える数値が出ているのであれば、余裕を感じられるのも確かでしょう。
また5Gはさらに素晴らしい数字が出ており、Twitter上では下り500Mbps超、上り70Mbps超という数字が平均的です。
最近はSNS上に通信速度を測定して報告しているユーザーが多数いるので、こうした測定結果を総体的に見れば、おおむねの傾向は掴めるでしょう。
LINEMO(ラインモ)ユーザーが増えたらこの限りではないと予想されるものの、5Gは4G LTEより利用者は少ない傾向にありますので、しばらく恩恵に与れる期待は大きいです。
何より良かったのは、通信速度制限が課されるだろうという大方の予想が外れてくれたことです。
噂を耳にして不安になっていた人も、どうやら心配はなさそうだと言えます。

悪い評判

これに対して悪い評判も残念ながら少なからずあります。
多くは割引に関することで、やはりお金に関することは不満の対象になりやすいのは事実です。
最初から発表されてはいたものの、これまでのSoftBankの割引はすべてなくなります。
実際にシミュレーションしてみたらランニングコストが不安になり、結局申し込みをやめたという人もいるようです。
とはいえ、細かく計算していくと、実際には割引がなくてもLINEMO(ラインモ)のほうがコストパフォーマンスが高い場合も多いです。
割引サービスは契約内容がややこしくなっているので比較が面倒ですが、本当に得なのはどっちなのか、よく計算してみることをおすすめします。
それよりも情報が錯綜しているのが問題で、支払いにデビットカードは不可と言われた人もいましたが、実際にはデビッドカードも問題なく使えます。
連絡先電話番号をまったく別の番号にしなければならないことにも不満が多く、早くも3月18日に改善されています。
サービスが開始されたばかりで修正点や変更点も多いですから、ダメだと思ってもすぐに判断せず、数日置いて状況を確認したほうが良いでしょう。

注意すべき点

良い悪いの判断の前に、あらかじめ知っておくべき注意事項があります。
たとえばLINEMO(ラインモ)でキャリアメールが使用できないことはすでにわかっていますが、乗り換えた後にPSNのパスワードを忘れたら、自分でリセットができません。
回避するには乗り換え前にサインインIDをキャリアメールアドレス以外に変更する必要があります。
このようにキャリアメールアドレスをどこかでIDとして使っている人は、あらかじめ漏れなく変更しておく必要があるのです。
またLINEMO(ラインモ)ではキャリア決済を利用できませんので、これまでキャリア決済で利用料を支払っていたサービスは強制解約されます。
こればかりは各サービスの公式サイトで確認し、決済方法を変更するしかありませんので自分でチェックする必要があります。
またeSIMと物理SIMの変更は現在受付されていませんので、当面はどちらで申し込むべきか最初に慎重に決めたほうが良いでしょう。

魅力いっぱいのプランにも補償は必要

全体的に見れば、大容量通信をリーズナブルに利用できるLINEMO(ラインモ)には魅力がたくさんあります。
利用できない割引やサービスに多少の不満は挙がっていますが、キャリアメールや留守番電話、キャリア決済を必要としないユーザーなら問題なく乗り換えられるサービスと言えるでしょう。
ただし本体の故障やトラブルに関して頼れる先がないことは、忘れてはならないことです。
近年スマートフォンの端末価格は軽く10万円を超える時代になっていますので、それにつれて万が一の修理価格もかなり高額になっています。
せっかく通信費を抑えたのに、端末にかかる費用が上がる一方では、なかなかお財布が楽になりません。
現時点でLINEMO(ラインモ)の補償サービスは発表がありませんし、用意されたとしても月額が高額になることや機種やキャリア変更で契約が切れることは間違いありません。
高価な端末をできるだけ長く使いたい、トラブルは早急に安く対処したい、そのために必要なのは自分で選ぶ補償です。
モバイル保険は月額700円で3台まで、さまざまな端末のトラブルに対応する新しいタイプの保険です。
スマートフォンだけでなくワイヤレスイヤフォンなども対応していますので、ぜひ乗り換えるなら保険も一緒に検討しましょう。

モバイル保険の詳しい説明はこちら

この記事を書いた店舗

iCracked Store 新宿本店

iCracked Store 新宿本店

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒160-0022

東京都新宿区新宿3-28-5 キーストンビル別館


10:00~20:00《最終受付19:30》年中無休

☎ 03-6709-9806


ストアページへ ストア一覧へ