MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

中古端末に潜むリスク

iCracked Store ゆめタウンはませんロフト 最終更新日: 掲載日:

こんにちは!

iCracked Store ゆめタウンはませんロフト店です😃

 

最近は、フリマアプリやオークションサイトが普及し

中古端末を気軽に購入できるようになってきましたよね!

ご家族とのちょっとした連絡用や、音楽・動画・ゲームなどの専用端末として

中古の端末を購入して、サブ機として使われる方も多いのではないでしょうか?

実際、修理に持ち込まれる端末の中には中古で購入されたというものも増えています。

 

安価で気軽に使用できる中古端末ですが、思わぬ落とし穴も…

今回は、修理店ならではの中古端末の注意点をご紹介したいと思います。

 

①アクティベーションロック

中古端末修理の問い合わせで多いものが、アクティベーションロックの解除です。

iPhoneの場合、端末とAppleIDのデータが紐づけられている場合

盗難防止として、初期化しても以前使用していたAppleIDとパスワードが必須になります。

「前の持ち主のAppleIDが分からず、初期化された端末が手元にあるのに使えない!」

という状況に陥らない為にも、「初期化済み」との記載がある端末に関しては

「アクティベーションロックの解除」が出来ているか確認しましょう。

 

②水没

中古端末の修理の際、外側は使用感がなくきれいなのですが

中を開けてみると水没した形跡がある…といった症状のものがまれにあります。

水没は、表面上に不具合が出ないケースも多く

「使用に問題はない」と販売されている端末も多いのが現状です。

時間経過とともに重大な不具合につながる水没ですが

なかなか購入時に確認することは難しいかもしれません💦

もし、確認できるのであれば、SIMカードの差込トレーや差込口付近を見てみましょう!

一部の端末では、水没確認シールが貼られています。

水没確認のシールが赤くなっていれば、水没している可能性が高い端末です…😢

 

③修理歴

中古端末に多いのが、バッテリーやディスプレイを修理した形跡のある端末です。

「綺麗な状態になっているなら問題はないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかとは思いますが

交換された部品の中には、通常より消耗の激しい部品の使用により

他の部品にも影響を与えてしまうことによって

修理費用がかえって端末台より高くなる…なんてこともあったりします😭

実際、持ち込まれる端末の中には防水の為のテープがないものも多く

ひどいものであれば部品の一部が抜き取られていることもありました。

 

 

安価な中古端末ですが、思わぬ故障が潜んでいる場合もあります。

もし、気になる症状などございましたら、お気軽に当店までご相談くださいね😊

この記事を書いた店舗

iCracked Store ゆめタウンはませんロフト

iCracked Store ゆめタウンはませんロフト

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixel3シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒862-0965

熊本県熊本市南区田井島1-2-1 ゆめタウンはません3F


10:00~20:00《最終受付19:00》年中無休

☎ 096-285-6636


ストアページへ ストア一覧へ