MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhoneが水没したらどうする?水没したときの症状と対処法を解説!

iCracked Store キャナルシティ博多 最終更新日: 掲載日:

こんにちは、iCrackedキャナルシティ博多です。

今回はiPhoneの水没についてです。

 

iPhoneは、iPhone 7以降から待望の耐水仕様になりました。

ただ耐水といっても精密機械であることに変わりはなく、内部に水が入ってしまうと故障する可能性は高いです。

「iPhoneは防水だから水に濡れても大丈夫」と思っていらっしゃる方が多いのですが、

使用によるダメージで端末がゆがみ、水が入り込む微小な隙間ができることなどは十分考えられます。

あくまで不意の水濡れ・水没を防ぐもので、過信しないようにするのが無難です。

 

水没する原因は?

iPhoneが水没する原因として、「プールや海で水中に落としてしまった」「お風呂でiPhoneを利用中に浴槽に落としてしまった、濡らしてしまった」など、様々な原因があります。

水が入った瞬間に壊れる事も十分にありますが、時間が経ってから故障したり1つ1つ機能が使えなくなったりもします。

 

水没するとどうなる?

iPhoneの電源がつかなくなる

iPhoneはバッテリーに内蔵された電気によって動いていますが、バッテリーが本体に電力を供給するコネクタが水に濡れるとショートしてしまい正常に動くことができなくなります。

バッテリー以外にも、iPhoneの基板の部品が錆びつくなどの原因で電源が入らなくなることがあります。

iPhoneが水没してしまうと、水没した時点では電源が入っていても数時間後に電源が入らなくなった、なんてことに繋がる危険があるのが水没の怖いところです。

水没して電源が入っている場合はなるべく早めに電源を落としましょう。

 

スピーカーが聞こえづらくなる

スピーカーに水滴が付着したり、部品が錆びてしまうと籠もったような音になる場合や、相手の声が聞こえなくなる、そもそも音が出なくケースもあります。

 

画面の操作が出来なくなる

画面が真っ暗になり液晶だけが映らなくなったり、液晶が綺麗でも画面の操作ができない状態やタッチセンサーの故障などにも繋がります。

中には触ってもいないのにiPhone自体が勝手に動いてしまう可能性もあり、パスワードの設定をされている場合は勝手に間違えられる可能性もあります。

iPhoneの場合は10回以上間違えるとセキュリティが働き、データの流出を防ごうとロックがかかった状態になり、最終的には全く操作できなくなってしまい内部のデータを取り出すことすらできなくなってしまいます。

 

水没した時の確認方法は?

水没シールを確認する

iPhoneの内部には、水分が侵入したかどうか点検する為のシールがSIMトレーの挿入口に

貼付されています。

トレーの挿入口の中に貼られているシールが白い場合は水分の侵入なし、赤く変色していれば水分の侵入ありです。

 

ディスプレイを確認する

iPhoneの画面の中に水分が侵入すると、表示が滲んでしまったり変色するといった変化が起こります。

また、タッチもきかなくなったり、電源もつかなくなったりします。

こうした症状が出ると水没している可能性が高いです。

 

水没したらどうしたらいい?

電源を切る

iPhoneを水没させてしまったら、まずは電源をすぐに切るようにしてください。

これは、基盤内などに水分が侵入することでショートさせてしまう可能性があるためです。

そのまま使い続けることができる可能性もありますが、水分が基盤内でショートして電源がつかなくなることも考えられるので水没したら早めに電源を切りましょう。

また、水没した時は充電するのもやめておきましょう。

 

SIMカードを取る

iPhone本体だけでなく、重要な情報が詰まっているSIMカードの水分を拭き取る必要があります。

電源を切った状態でSIMカードを取り出して、丁寧に水分を拭き取りましょう。

電源を入れたままSIMカードを取り出すと故障の原因になるので、必ず電源を切ってから取り外しましょう。

SIMカードは柔らかい布などで優しく拭いてください。

 

バックアップを取っておく

電源がついてまだ使える状況であれば、早めにバックアップをとっておきましょう。

バックアップをとっておかないと、データは消えてしまいます。

大切なデータを消さないためにも日頃からバックアップはとっておくことは大切ですね。

 

水没は修理で直る?

端末から水が出てくるような明らかに修理が出来ないと思われる場合を除き、可能な範囲で対応することは可能です。

ですが、水濡れは必ずしも修理できるものではありません。

特に基板が損傷してしまっている場合には、復旧は困難です。

無事であれば、その他の各種パーツを交換していくことで再度使えるようになる可能性があります。

また、使えるようになったとしても油断はできません。中に残った湿気で錆が発生するなど、後になって不具合が表面化することもあります。

早めにバックアップを取り、いつ不具合が出ても問題無いよう準備しておくことをお勧めします。

 

iPhoneが故障したらiCrackedキャナルシティ博多にご相談ください!

 iCracked(アイクラックト)キャナルシティ博多は、キャナルシティ博多サウスビル2階にあるiPhone/Google Pixel修理店。

バッテリー交換や画面修理・カメラ修理など、データそのまま・最短30分・対面修理」で承ります!

キャナルシティ博多に店舗を構えているので待ち時間に映画を観たり、買い物を楽しんでいただくことも可能です♪

営業時間は、10:00〜21:00(最終受付20:00)まで。

キャナルシティ博多まではJR博多駅より徒歩10分程・天神から西鉄バスを使って8分程でアクセスできますよ♪

博多でiPhone・Google Pixel修理店をお探しなら、iCrackedキャナルシティ博多にお任せください!

※修理料金の詳細は「iCrackedキャナルシティ博多」から

※Web予約は「かんたん予約」から

この記事を書いた店舗

iCracked Store キャナルシティ博多

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone 修理は勿論、国内唯一の Google 正規サービスプロバイダとして Google Pixel シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒812-0018

福岡県福岡市博多区住吉1-2 キャナルシティ博多サウスビル2F


10:00〜21:00《最終受付20:00》年中無休

☎ 092-262-1214


キャナルシティ博多店HPへ ストア一覧へ