MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhone修理は【正規店】と【非正規店】どっちがいいの?

iCracked Store キャナルシティ博多 最終更新日: 掲載日:

正規店と非正規店の違いは?

iPhone修理店を探していると、「正規店・非正規店」という言葉をよく目にしますよね。

「非正規店」と聞くと良くない印象を受けますが、実際は正規店のデメリットを解消してくれる、iPhoneユーザーにとってはとても重要なお店なんです!

今回はApple正規修理店と非正規の違いとメリット・デメリットについて解説していきます!

 

Apple正規修理店

Apple正規修理店とは、「正規サービスプロバイダ」として、Appleに公式に認められている修理店のことを指します。

純正の部品を使用しており、Appleでトレーニングを受けた技術者が修理を行います。

 

全国の正規店はこちらから確認できます!

Apple Store&アップル正規サービスプロバイダ全107店舗一覧 – iPhone救急車

 

ちなみに福岡県には4店舗しかありません

 

Apple正規修理店のメリット

①純正の部品を使っているので安心

Appleが提供する純正の部品で修理をしてもらえるので不具合が起こりにくく、安心して修理を任せることができます。

 

AppleCareに加入していたら費用を安く抑えられる

iPhoneにはAppleが提供している、AppleCareという保険があります。

端末を買ったときに一緒に加入している方が多いのではないでしょうか?

iPhoneが故障した場合は、まずはAppleCareに加入しているか確認することをおすすめします!

 

③本体交換が可能

正規店では、非正規店にはない「本体交換」が対応可能です。

iPhoneは精密機器ですので、本体を開けて部品を取り替えることにより不具合が起きる可能性があります。

本体交換で渡される端末は「新品」もしくは「整備済製品」です。

「整備済製品」とは、Apple認定の整備プロセスを経て品質が保証された新品同様の製品です。

初期不良などで返品されたものを整備しているので、限りなく新品と言えるでしょう。

なので、安心して本体交換をすることができます!

 

Apple正規修理店のデメリット

①データのバックアップを取る必要がある

正規店で修理をした場合、修理に出した端末は初期化された状態で返却されます。

つまり、起動不可・タッチ不良・液晶表示不良など、バックアップが取れない状態だと端末に入っているデータは諦めないといけないことがあるため注意が必要です

 

②なかなか予約が取れないことがある

Appleで新作発表があった際に新機種の購入や問い合わせのため、店内が非常に混み合う可能性があります。

運悪くタイミングが被ってしまった場合は12週間ほど予約がとれないこともあるようです

 

③画面割れでも本体交換になる場合がある

正規店では、修理前にiPhoneの診断を行い、画面修理や本体交換にするかを決めます。

あくまでもAppleの判断で決まるため、フレームに少し傷があるだけでも本体交換を案内されることもあり、思っていたよりも費用がかかってしまうケースがあるようです

 

非正規修理店

非正規修理店は、Appleに認可されていない修理店です。

正規店とは違った「非正規ならでは」の利点があるため、自分に合った修理店に行くことをおすすめします♪

 

非正規修理店のメリット

①データがそのまま残る

正規店で修理する場合は前述の通り、データが初期化されるため以下の場合はバックアップを取ることもできず、データを諦めるしかありません。

・起動不可

・タッチ不良

・液晶表示不良

 

それと比較して非正規店では、データそのままで修理が出来ることがあります。

大切な写真や動画など、諦めたくない方にはぜひ一度、非正規店にご相談することをおすすめします♪

 

②短時間で修理できる

非正規店の場合、作業内容にもよりますが、たいていは30分〜1時間ほどで修理が完了します。

また、バックアップや修理後にデータを復元する手間もないため、スムーズに元の使える状態に戻すことができます!

忙しくてなかなか時間が取れない方には、非正規店をおすすめします。

 

③費用が安く抑えられる

正規店と比較して、非正規店は費用が安く抑えられるのが強みです。

店舗によって費用が違いますので、ご自身の予算に合わせて検討することができます。

 

AppleCareに加入している場合はそちらを利用した方が安くなる可能性が高いですが、加入していない場合は修理箇所によって非常に高額になることもあります。

金額によっては非正規店で安く抑えるのも一つの手です。

 

④お店によっては対面で修理をしてもらえる

お客様の目の前で修理をしてくれるお店もあり、安心して任せることができます。

 

正規店では目の前で修理はしてもらえないので、「正規店だから絶対安心!」とは言い切れません。

今でこそ正規店では画面修理やカメラ交換も行なっていますが、少し前までは本体交換のみの対応でした。

部品の品質は最高ですが、修理技術の観点で考えると長年の修理実績がある非正規店のほうが良い場合もあります。

 

非正規修理店のデメリット

①メーカー保証を受けられなくなる可能性がある

純正ではない部品を取り付けることでメーカー保証の対象外になる可能性があります。

しかし、純正ではない部品とはいっても仕入れ先が違うだけで、部品自体はほとんど変わりがないものです。

Appleが契約している工場から仕入れているものではない、というだけで同じものを使っている可能性は大いにあります。

 

また、お店によってはAppleCareと同等の似た保証サービスを取り扱っている場合があります。

当店「iCrackedキャナルシティ博多」では、月700円のモバイル保険を取り扱っており、年間10万円までの修理費用を補償してくれるので、メーカー保証から外れても安心です。

本来なら端末購入から1年未満の縛りがありますが、当店で修理・動作確認をした端末に関しては1年以上経っていても加入できます。

気になる方はぜひ当店にご相談ください♪

 

②部品の品質にばらつきがある

恐らく非正規修理店で修理をするか迷う理由の一つが品質に関する不安だと思います。

業者選びに間違うと、場合によっては故障が酷くなって返ってくることもあり得ます。

 

そこで、業者を選ぶ上で最も大事なのが「総務省登録修理業者かどうか」です。

総務省から認可されたiPhone修理店は品質や安全性、技術力などが保障されるため、安心して修理を任せることができます。

修理を任せる前にホームページを見て「総務省登録修理業者」の表示があることを確認しましょう!

 

iCrackedキャナルシティ博多は総務省登録修理業者です!


iCracked(アイクラックト)キャナルシティ博多は、キャナルシティ博多サウスビル2階にあるiPhone/Google Pixel修理店。

バッテリー交換や画面修理・カメラ修理など、データそのまま・最短30分・対面修理」で承ります!

キャナルシティ博多に店舗を構えているので待ち時間に映画を観たり、買い物を楽しんでいただくことも可能です♪

営業時間は、10:00〜21:00(最終受付20:00)まで。

キャナルシティ博多まではJR博多駅より徒歩10分程・天神から西鉄バスを使って8分程でアクセスできますよ♪

博多でiPhone・Google Pixel修理店をお探しなら、iCrackedキャナルシティ博多にお任せください!

※店舗詳細は「iCrackedキャナルシティ博多 – 公式サイト」から

この記事を書いた店舗

iCracked Store キャナルシティ博多

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒812-0018

福岡県福岡市博多区住吉1丁目2 キャナルシティ博多 サウスビル2F


10:00〜21:00《最終受付20:00》年中無休 ※新型コロナウィルス感染拡大防止のため当面の間10:00〜20:00《最終受付19:00》

☎ 092-262-1214


キャナルシティ博多店HPへ ストア一覧へ