MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

バッテリーの膨張をほっておくと危険なのか??

iCracked Store 徳島

 

こんにちは。

iCracked store フジグラン北島店です。

 

いつの間にか、iPhoneのバッテリーが膨張してたという経験をしている方がいらっしゃいます。

先日、当店にもバッテリーが膨張してしまったというお問合せがあり、

バッテリー交換をしていただいたお客様がいらっしゃいました。

実は、バッテリーが膨張したまま放置していると危険なんです!!

 

■バッテリーが膨張する原因

 

iPhoneのバッテリーはリチウムイオンバッテリーが使用されています。

リチウムイオンバッテリーはiPhoneだけではなく、Androidスマートフォンなどでも利用されています。

リチウムイオンバッテリーでは、正極材と負極材、電解質にゲル状ポリマーなどを使用されています。主に経年劣化(月日を経て劣化すること)によって電解質の酸化が電池内部でおこり、この際の反応としてガス発生も同時に起こり、このガスによりリチウムイオンバッテリーの膨張が起こります。

簡単にまとめると、経年劣化により、電池内で化学反応が起こりガスを発生させバッテリーの膨張が起こるんです。

バッテリーが膨張しても使えるからこのまま使っておこうと思っている方も多いと思います。

でもその行為ってとても危険なんです。

 

■バッテリー膨張の危険性

 

バッテリーが膨張していると外部からの圧力や製造段階で異物混入による初期不良などにより、

バッテリー内部がショートを起こし発火につながる恐れもあります。

ポケットやバックにスマホ入れていて発火や爆発したら本当に怖いですよね😰

このような恐ろしいことにならないよう、リチウムイオンバッテリーを使用した製品の取り扱いには注意が必要です。

 

■バッテリーが膨張してきてしまったら?

 

もしもバッテリーが膨張してしまったら素早い行動が必要となります。

バッテリーが膨張していると気づくためのポイントは、

★充電してもすぐに電源が落ちてしまうなどのバッテリー自体の性能の低下。

★バッテリー膨張により画面が押し上げ。

★画面のタッチ反応、表示不良が出ている。

★ボタンの感度低下 など・・

まだ使えると思っていても実際はとても危険です。

もしかしたら、バッテリーが原因で他の箇所も修理が必要な場合があります。

 

そうなってしまう前に、当店でも即日でバッテリー交換することが可能ですので、

是非お気軽にお問合せしてみてくださいね😄

 

iCracked store フジグラン北島

 

 

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 徳島

iCracked Store 徳島

771-0204

徳島県板野郡北島町 鯛浜字西ノ須174 フジグラン北島2F

10:00~19:00 《最終受付は18:30まで》

088-676-4711

ストアページへ