MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

アプリが上手く起動しない・・・そんな時は

iCracked Store 徳島 最終更新日: 掲載日:

こんにちは

iCracked Store徳島店です

 

iPhoneを使っていて「アプリが強制終了してしまう…」「アプリを開こうとしても起動しない…」など

アプリに関して悩んでいることはありませんか?

 

iPhoneには便利なアプリがたくさんありますが、そんなアプリが肝心な時に使えないと困りますよね(´;ω;`)

 

そこで、今回はiPhoneのアプリが頻繁に落ちてしまう原因や、アプリが落ちてしまった際の対処方法などについて解説していきます!

 

iPhoneのアプリが頻繁に落ちる3つの原因

 

iPhoneのアプリが頻繁に落ちてしまう原因は色々と考えられますが、今回はその中でも主な3つをご紹介していきます。

 

①アプリのバージョンを更新していない

アプリは定期的にバージョンが更新されます。古いバージョンのアプリを使い続けていると、アプリが正常に起動しなかったり、頻繁に落ちてしまう症状が起きることがあります。

アプリの動作に異常を感じたら、一度App Storeにてアプリのアップデート情報がないかを確認してみましょう!

 

② iOSのバージョンが古い

アプリではなく端末本体のバージョンが古いままの場合、本体の処理能力に影響がでることがあります。

処理能力に影響がでるとiPhone本体の動作が鈍くなったり、アプリが頻繁に落ちてしまう原因にもなるため、

iPhoneのiOSはできるだけ最新バージョンへアップデートしておきましょう!

 

③iPhoneの本体容量が不足している

iPhoneの本体容量には限りがあります。

写真やムービーなどのデータファイルや容量の大きいアプリが増えてくるとiPhone本体のストレージの空き容量がなくなってしまいます。

そうすると、iPhone本体の動作が鈍くなったり、アプリが頻繁に落ちるようになることもあります。

一度でiPhoneにインストールしているアプリやデータファイルを確認し、

不要なアプリや必要のない写真やムービーなどがあれば削除しておきましょう!

 

簡単にできるiPhoneでアプリが頻繁に落ちる時の対処方法

 

ここでは、iPhoneでアプリが頻繁に落ちる時の対処方法について解説していきます。今回は自分でもできる比較的簡単な対処方法をまとめてみましたので、アプリに関する悩みがある方は是非試してみて下さい。

 

①iPhoneの電源を切って、再度起動する
②バックグラウンドで起動しているアプリを終了させる
③アプリをアップデートor再インストールする
④Safariのキャッシュを削除する
⑤iPhoneのiOSを最新にアップデートする

 

まとめ

 

iPhoneのアプリが頻繁に落ちてしまう原因と対処法についてでした。

iPhoneのアプリが頻繁に落ちてしまう原因は、主に「アプリのバージョンが古い」「iOSのバージョンが古い」「本体容量が不足している」の3つが考えられます。

 

これらが原因だった場合は、iPhone本体の再起動やアプリの終了・更新・再インストール、iOSの更新、キャッシュの削除など簡単な対処法で症状が改善されることもあります。

 

今回ご紹介した対処法を全て試しても症状が改善されない場合は本体の故障の可能性も考えられます。

当店では故障個所の診断や、アップデートのサポート等も行っています。

お気軽にお問い合わせくださいませ😊

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 徳島

iCracked Store 徳島

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒771-0204

徳島県板野郡北島町 鯛浜字西ノ須174 フジグラン北島2F


10:00~19:00《最終受付18:30》年中無休

☎ 088-676-4711

ストアページへ 全国のストア一覧へ