MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhoneのパスコードロックについて

iCracked Store 栄ロフト名古屋

こんにちは!

iCracked Store ロフト名古屋店、本日も✨夏グッズ✨に囲まれながら

元気に開店しております!!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

今日のブログはタイトル通り、

「iPhoneのパスコードロックについて」です!

 

パスコードロックとは、

iPhoneの画面ロックを解除するためのパスコードを

一定回数間違えてしまった後にかかる、最終のロックです。

再起動等で急にパスコードでのロック解除を要求された時に、

普段指紋認証(Touch ID)で画面ロックを解除していると「パスコードなんだったっけ?」

となってしまう方も多いのではないでしょうか。

実際これを書いてる私も急にパスコードを要求されると固まります。笑

それでもなんとか思い出せるならいいのですが、

いくつかのパスコードを試して「あれも違う、これも違う…」なんて

冷や汗しか出てこない状況に陥ってしまった時が危ないです

 

最初のうちは何回か試せます。

でも何回目からは間違ったパスコードを入力するとこの画面に。

 

 

表示されている時間が経過しないと、

パスコードを入れる事が出来なくなります。

1分後、5分後と表示される時間は増えていき、やがて…

「iTunesに接続」

 

この画面になってしまいます。

こうなるともうパスコード入力はおろかデータのバックアップすら取れない事になります。

 

ではこうなったらiPhoneはもう使えないの?

と心配される方もいらっしゃるハズ。

答えは「iTunesに接続して初期化が成功すれば使えるようになる」です(`・ω・´)!

 

ただ文字通り初期化なので、iPhoneに入っているデータは全て失われる事になります…。

そして何か他にシステム上での不具合を抱えていると、

初期化中にエラーが発生する事もあります。

そうすると初期化すら出来ない事になるので、正直お手上げです。

あとは「iPhoneを探す」というセキュリティがオンになっていると、

初期化をしても元々iPhoneに登録していたApple IDとパスワードが分からないと

初期化後の設定(アクティベーションロックの解除)が出来ず使えないままになったりもします。

これらは全て、使用者の手から第三者の手に渡ってしまった時の

情報の悪用を防ぐ為のセキュリティになっているので、

パスコードロックを初期化以外で解除する事も、Apple IDとパスワードが分からない状態での初期設定も出来ない様になっているのです。

 

パスコードロック、とっても怖いですよね。

 

普段からパスコード入力して画面ロックを解除されている方や、

パスコードをどんなものに設定したかきちんと確認されている方は問題ないと思います^^

最近は数字4桁どころか英数字で設定されている方もいらっしゃいますからね。笑

 

ただ、忘れなければいい訳ではありません。

iPhoneの画面が割れていて、それを放置している方!!!!!

いつ何時パスコードロックがかかってしまうか、分かりませんよ(´・ω・`)

何故なら画面が割れていると、表面のガラスだけでなく中の液晶部分にまで

影響を及ぼす可能性があるからです…。

 

もし液晶に破損が広がって、勝手にiPhoneの画面が動いてしまう(俗に言うゴーストタッチ)が

起こってしまうと、自分が触ってなくても画面ロック解除の画面でパスコードを入力してしまう事があるからです。

そうなると初期化か、もしくは本体交換・機種変更といった

データの消失だけでなく急な出費にも繋がるかもしれません。

その前に是非、割れている画面は交換させていただければと思います!☆彡

 

当店は栄のロフト名古屋の中にありますので、

修理をお待ちいただく間も退屈しないかと思います!

画面の割れだけでなくちょっとしたiPhoneのトラブルにも

iTechサポートでお力添えいたしますので何かあれば早めにお越しくださいませ☻

 

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 栄ロフト名古屋

iCracked Store 栄ロフト名古屋

460-0008

愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク5階

10:30~20:00 年中無休

052-684-4435

ストアページへ