MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

Happy Halloween☆☆

iCracked Store 岐阜ロフト 最終更新日: 掲載日:

こんにちは!

iCracked store岐阜ロフト店のタカハシです。

10/31はハロウィンの日というのは、ハロウィンを身近に感じることが多くなった近年、ご存じの方のほうが多いかと思います。コロナの前は、渋谷でハロウィンの日に仮装?コスプレ?をして、毎年大勢の人が集まったりもありましたね!今年も開催されるそうですよ!

そんなハロウィンですが、一体どんなお祭りなんでしょうか?

そもそもハロウィンってどんなお祭り?

ハロウィンは、キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「万聖節」の前夜祭として行われるヨーロッパ発祥のお祭りです。秋の収穫をお祝いし、先祖の例をお迎えするとともに悪霊を追い払うお祭りで、日本でいうところの、お盆と同じです。現在10/31がハロウィンとして定着していますが、本来は10/31~11/2。この期間キリスト教では、この世に戻ってくる死者の霊を慰める行事を行っています。

ハロウィンはいつから始まった?起源と由来について

古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていたサウィン祭が起源と言われています。古代ケルトでは、11/1が新年とされ、大晦日にあたる10/31の夜に先祖の霊が家族に会いに戻ってくると信じられていました。しかし、悪霊も一緒にやってきて、作物に悪影響を与えたり、子供をさらったり、現世の人間たちに悪いことをすると言われていました。そこで、人々は悪霊を驚かせて追い払うことを思いつき、仮面をかぶったり、仮装をしたり、魔除けの焚き火を行ったと言われています。

やがて、キリスト教圏へ広がりましたが、最近では宗教的な意味合いが薄れて、大人と子供が仮装をして楽しめるイベントになっています。

ハロウィンのかぼちゃ、ジャック・オー・ランタンとは?

ハロウィンのシンボルとして連想されるのが、目と口と鼻をくり抜いて中にキャンドルを灯したかぼちゃのランタンですね!このランタン、なんでジャック・オー・ランタンという名前がついているんでしょう?ジャックとは、アイルランドの物語に登場する男の名前。生前、悪いことばかりしていたジャックの魂を取ろうとやってきた悪霊を騙したため、地獄へ堕ちることもできず、死んだ後もランタンに火を灯して闇夜を歩き続けたというお話です。日本で言うところの鬼火のような存在で、魔除けの役割を果たし、悪霊を怖がらせて追い払えるそうです。

どうして仮装するの?

先祖の霊とともに悪霊も一緒にやってきます。人間たちに悪運をもたらしたり、いたずらをするため、魔女、ゴースト、ゾンビ、ドラキュラ、ガイコツ、黒猫、狼男、フランケンシュタインといった恐ろしい怪物や怖いものに仮装し、悪霊を怖がらせて追い払う習わしです。また、悪霊と同化することにより、悪霊がもたらす災いを遠ざけるという意味もあるようです。

トリック・オア・トリート!!

「お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!!」と玄関先で声をかけてお菓子をねだる風景が名物ですよね。「」トリック・オア・トリートと言われたら、大人たちは、「ハッピーハロウィン」と答えてお菓子を渡すのがルールです。お菓子は悪霊を追い払うなどの意味があるそうです。

 

日本では仮装をして、パーティーを楽しむ行事となっていますが、本来はこのような由来があったんですね!今年もまだまだコロナ禍ですが、仮装をして、写真を撮るだけでも雰囲気は楽しめるかもしれませんね♫そんなとき、ケータイのカメラが不調だったり、画面が割れていると、せっかくの仮装がうまく写真に収められないことも。。。

早めに修理をして、ハロウィンを思い切り楽しみましょう!!

この記事を書いた店舗

iCracked Store 岐阜ロフト

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒500-8175

岐阜県岐阜市長住町2-11-1 岐阜ロフト3F


10:30~20:00《最終受付19:00》年中無休

☎︎ 058-216-0113


岐阜ロフト店HPへ ストア一覧へ