MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhoneにガラスフィルムはやはり必要だ。

未分類 最終更新日: 掲載日:

ガラスフィルム貼り付けサービス実施中!!修理とセットで3,080円➡1,980円に!!!(税込表示)

なぜガラスフィルムが必要なのか

最近、iPhoneを買い替えの際に古い端末を下取りに出される方、個人売買される方が増えてきています。

使わない端末をいい値段で買い取ってもらい新規購入の費用を安く抑えることは端末価格が高騰している今、当然の選択と言えるでしょう。

しかし、状態が良くないと減額対象外になることもあります。

なのでガラスフィルムやケースで本体の保護をすることは必要になってきます。

ケース選びについてはデザイン性や機能がライフスタイルによって変わるので、今回はガラスフィルムの選び方について書いていきます。

フィルム選びについて

  • 高度と厚み
    ガラスフィルムは高度によって保護能力が変わります。「●H」という表記の●の数値が高いほどより傷などが付きにくく強力になります。最上位が9Hになるのでそちらを選べば高度に関しては安心だと言えます。厚みは垂直方向からの衝撃を分散させる際に重要となりますので厚みが増す方がいいでしょう。

 

  • 保護範囲
    「全面タイプ」か「通常タイプ」があります。「通常」ではセンサーや縁は保護せず画面のみの保護になります。対して「全面」はセンサーや縁もカバー出来るためより細かな部分の傷も守る事が出来ます。ですが、ケースによってはフイルム側の縁が浮いてしまったりするので注意が必要です。

 

  • アンチグレアコーディング
    よく見かけるフィルムは光沢のある透過性の高いものになります。アンチグレアコーティングは表面が「マット」な仕上がりになり、指紋が付きにくくサラサラとした触り心地になります。早い動作が必要なアプリや背景、自分の映り込みが気になる方におすすめです。こちらはライフスタイルにより好みが分かれるでしょう。

最後に

ガラスフィルムはある程度の衝撃には耐えることができますが、決して画面が割れなくなるものではありません。
割れてしまった際にはスキマから水滴が入りやすくなり、そのまま使うと次の衝撃でヒビか広がったりするので早めの修理をおすすめします。

この記事を書いた店舗

iCracked Store 梅田ロフト

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒530-0013

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト1F


11:00~21:00《最終受付20:00》 年中無休

☎ 06-6940-7904


梅田ロフト店HPへ ストア一覧へ