TOPICS

トピックス

「モバイル保険」のススメ

その他

iCrackedではスマートフォンの故障をサポートする「モバイル保険」をおススメしており、各店舗で契約の受付を行っています。さらに、モバイル保険のご契約者には画面交換修理を3,000円割引する「保険セットプラン」もご提供しています。

月額700

  • 日本初!金融庁の認可を受けたモバイル端末のサポートに特化した保険
  • スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を1契約で3台までサポート
  • 故障・破損・損壊・水濡れ全損・盗難とモバイル端末のトラブルを幅広くカバー

「モバイル保険」公式サイト

「モバイル保険」をおススメする理由

従来、スマートフォンのサポートは携帯電話会社やApple Careなどメーカーが提供する端末補償オプションが中心でしたが、 「モバイル保険」にはそれらの補償オプションとは異なる特徴があります。

最大3台のモバイル端末をサポート

従来の端末補償でカバーできるのは対象となるスマートフォン1台だけですが、モバイル保険は主端末1台に加え、副端末として2台まで登録することで合計3台までカバーすることができます。登録できるのはスマートフォンやタブレットなどに加え、 ノートPC、携帯ゲーム機、デジタルカメラなど、Wi-FiやBluetoothなどを搭載してネットワークに接続できる機器なら何でもOK。主端末にスマホ、副端末には持ち運ぶ可能性があるノートPCやスマートウォッチ等を登録されている方が多いです。

持ち歩く機器は落として壊したり、紛失したりするのが心配。モバイル保険はそのような現在にマッチしたサービスです。

モノではなくヒトに紐づく保険

従来の端末補償は、スマートフォン購入時に、そのスマートフォンに対して補償に加入するか決める必要がありましたが、モバイル保険はモノではなく、ヒトに紐づく保険です。契約者はMy pageから登録したい機器を追加するだけ。もし機種変更したら古いスマホを保険対象から外し、新しいスマホを登録すればいいのです!

回数制限なし、免責もなし

従来の端末補償は、年に1回とか2回とか利用できる回数が決まっていましたが、モバイル保険では回数制限はありません。年間の保険支払額は最大10万円(副端末は最大3万円)、その範囲内であれば何回でも利用可能です。また、従来の端末補償では修理内容や回数によって一定金額を支払う「免責」が設定されていますが、モバイル保険であれば支払範囲内であれば全額補償されます。

iCrackedなら、さらに便利に!

古い機種でも大丈夫

従来の端末補償は、原則として端末購入時にしか入れません。これは「使っていて壊れたから契約する」ということを防ぐためです。iCrackedであれば登録修理業者としてモバイル保険と提携契約をしておりますので、iCrackedで修理を行い正常に動作していることを確認した機器であれば古くても登録できるようになります。

iCracked Storeなら「キャッシュレスリペア」

スマートフォンが壊れて修理を行った場合は、明細書などの必要書類を添えてモバイル保険のMy Pageから申請することにより、修理代金が指定口座に振り込まれます。しかし、提携修理店であるiCrackedであれば修理代金は保険会社から支払われますので、お客さまが店頭で支払う必要はなくなります!

ただし、これは「既にモバイル保険に契約されている方」の話ですよ!「壊れたのでiCracked Storeにきてモバイル保険に契約し、その場で保険適用で修理する」ということはできません(笑)

※ 現在、一部のiCracked Storeではキャッシュレスリペアに対応しておりません。

「モバイル保険」は金融庁の認可を受けた修理費用保険商品です。
詳細につきましては モバイル保険ホームページをご確認ください。