Repair Menu

修理メニュー

iCrackedの強み1

画面・ディスプレイ修理の症状

画面を落としてしまい、以下の症状が出始めたお客様に対してはiPhoneのスクリーン・画面交換をおすすめします。

① iPhoneのガラスが割れている
② iPhoneの画面が映らない(充電の問題ではない場合)
③ タッチが効かない
④ 誤作動が起きる
⑤ 画面に縦線・横線が入っている

iCracked Storeではガラスと液晶がセットになっております。理由としましては、ガラス交換をした場合、修理後にガラスが枠から外れる可能性が高まる為、元からセットになっている部材を使用させて頂いております。

対応機種

iPhone 7 Plus iPhone 7 iPhone 6s Plus iPhone 6s iPhone 6 Plus iPhone 6 iPhone SE iPhone 5s iPhone 5c iPhone 5

割れている画面の使用について

iPhoneを修理する費用が高い、修理する時間がない、まだ操作は出来るから大丈夫、修理店へ行くのが面倒くさい、非正規店へ入るのが怖い・不安、Apple正規店で修理すると時間かかるし、データが消えるなど、様々な理由で画面が割れているにも関わらずiPhoneを直さない人がいます。ですが、割れている状態で使い続けるといくつか欠点がありまして 、こちらではどのようなマイナス効果があるのかの説明になります。

① ガラス割れの経度によりますが、割れているiPhoneを使用することによって他のパーツ・機能へ不具合を引きよこす可能性があります。よくある例としては、画面が割れ ているまま使い続け、タッチ機能との接続が悪くなりタッチが効かなくなる、もしくは液晶が映らなくなるケースが多いです。また、ガラス割れが酷い場合は内部のパーツが見えて、内部を傷つけやすい状態になりその他のパーツへの不具合が起こるケースも多いです。
② 画面が割れているということは画面・iPhoneに隙間があるということです。それによってゴミが入る可能性も増えますし、水没させる可能性も上がります。ちょっとした雨もしくはお風呂場の湯気などで水没し、画面が映らなる可能性があります。


修理後の対策

修理後新しい画面をなるべく壊さないように対策を取りましょう。

① 強化ガラスを貼る。ガラスを貼ることによって、画面が衝撃に対して強くなります。場合によっては落とした時に強化ガラスが割れて、画面が割れないこともあります。
② ケースを付ける。

※上記対策を取ったとしてもiPhoneは壊れる可能性は充分ありますので、ご注意ください 。

① どんなに防御力が強いケースを付けたとしても、落とした衝撃で中の液晶が割れる可能性があります。
② 落とした衝撃で内部のコネクターが外れる可能性があります。
③ 落とした高さ、落とした角度、落とした状況により、壊れやすいこともあります。