MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhoneのWi-FiとBluetoothをオフにする2つの方法

iCracked Store 神戸三宮元町 最終更新日: 掲載日:

 

ご来店されるお客様からよく頂く質問で

「iPhoneのバッテリーをより長持ちさせるための方法はあるの?」

というご質問を頂きます。

 

そこで確認して頂きたいのが、「Wi-FiとBluetooth」の接続状況です。

 

外出先や、使っていない時にWi-FiやBluetoothの設定をオンになっていると、

電波や接続できる端末を探し続けている状態になり、電力消費が多くなってしまいます。

↑↑

マークが青になっている状態がオンになっている状態です。

 

そこで、外出先で使わないWi-FiやBluetoothをオフにし、無駄に電池を使わない方法があるのですが、

オフの仕方が2通りあります。

↑↑

どちらもオフになっていますが、マークの表示が違いますよね。

実は、完全なオフと一時的なオフがあります。

この2通りの設定がどのように違うのか紹介します!

 

Wi-FiやBluetoothを完全にオフにする方法

iPhoneの「設定」画面から「Wi-Fi」「Bluetooth」の項目を開き、

オンになっている状態をオフにします。

この方法だと、接続を完全にオフにすることができるので、

手動で設定をオンにしない限り、自動接続を止めることができます。

ここで気を付けないといけないのが、

設定をオフにしている状態で動画や、沢山のデータをモバイル通信を使ってダウンロードすると、

容量を超えて通信制限が掛かる可能性があります。

動画やアプリをダウンロードする際は、必ずご自宅などでWi-Fiの接続をオンにしてモバイル通信を使用しないように気を付けましょう。

Wi-FiやBluetoothを一時的にオフにする方法

iPhoneのホーム画面で、下から上にスクロールすると、Wi-Fi、Bluetooth機能の状態が確認できます。

青いマーク部分をタップすることでオフの状態になりますが、

「明日まで近くのWi-Fi接続を解除します」「明日までBluetoothデバイスとの接続を解除します」

と画面に表示され、日付が変わるまで自動的に接続する機能を止めることができます。

次の日、Wi-Fiをオフにしたまま動画を見てしまってモバイル通信制限されちゃった・・・

なんてことを防げます!

 

まとめ

Wi-FiやBluetoothの設定をこまめに見直すことによってバッテリーの寿命を延ばすことが可能です!

 

しかし、根本的にバッテリーが劣化している場合は、バッテリーそのものを交換する必要があります・・・

iCracked Store 神戸三宮元町では、iPhoneのバッテリー交換を30分~行うことができます。

是非、お気軽にご相談下さいませ!

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 神戸三宮元町

iCracked Store 神戸三宮元町

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixel3シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒650-0022

兵庫県神戸市中央区元町通1-10-2


10:00~19:00《最終受付18:30》年中無休

☎ 078-381-8222

ストアページへ 全国のストア一覧へ