MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

【iPhone症状別対処法】水没したときはどうする!?

iCracked Store キャナルシティ博多 最終更新日: 掲載日:

iPhoneの防水性能は?

iPhone7以降の機種は防水機能が標準化されていますが、各機種には防水レベルを示す「防水規格(IPX)」というものが設定されています。

基準を超えた取り扱いをすることで水没してiPhoneの機能が使えなくなることがあるので注意が必要です。

ー各機種の防水規格ー

iPhoneモデルIP等級耐えられる水深/時間  
iPhone 12 / iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Max
IP68深さ6mまで
最長30分間
iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max IP68深さ4mまで
最長30分間
iPhone 11 / iPhone XS / iPhone XS MaxIP68深さ2mまで
最長30分間
iPhone SE 第2世代 / iPhone X
iPhone XR / iPhone 8 / iPhone 8 Plus
iPhone 7 / iPhone 7 Plus
IP67深さ1mまで
最長30分間

こちらは各機種の防水性能を比較している表です。

深さ○m最長○分とはいっても具体的にどういう行為が危険なのかビンとこないですよね。

Apple公式サイトで水濡れに関する取り扱いについて紹介されていたのでそちらを引用します。

水濡れによる損傷を防ぐため、以下の行為はお控えください。

・iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する

・iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける (たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)

・iPhone をサウナやスチームルームで使う

・iPhone を意図的に水没させる

・推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下でiPhoneを動作させる

・iPhoneを落とすなど、衝撃を与える

・iPhoneを分解する (ネジを外すなど)

 

引用元:Apple – iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について(https://support.apple.com/ja-jp/HT20704

水に濡らす以外にも落下や分解で防水性能が低下する可能性があるので、そちらも気をつけてiPhoneを使いましょう♪

間違っても防水だからといってiPhoneを水洗いしてはいけません…

 

iPhoneが水没したら

■電源をオフ

まず初めにiPhoneの電源を切りましょう。

電源をつけたままにしておくことで回路内に水が侵入し、ショートしてしまう可能性があり非常に危険です。

ホームボタンがある機種は電源ボタン長押し、ホームボタンがない機種は電源ボタンとどちらかの音量調節ボタンを同時に長押しで電源を切ることができます。

 

■柔らかい布で水を拭き取る

iPhoneに付けているカバーやケースを外し、糸くずが出ない柔らかい布で優しく拭きます。

 

■風通しの良い場所で自然乾燥させる

iPhoneが水没してしまったときに「iPhoneを振って水を飛ばす」っていうのをやってしまいがちですが逆効果です!

回路内に水が広がることで症状が悪化してしまう可能性があります。

風通しの良い場所で自然乾燥、もしくは扇風機やドライヤーの冷風を当てて乾燥させましょう。

 

■SIMカードを拭く

SIMカードが濡れることでデータ通信や電話に支障が出ることがあります。

iPhoneが乾いたらSIMカードを抜いて乾いた布で優しく拭きましょう。

 

SIMカードはiPhone側面のSIMトレイの穴にSIMピンを差し込むことで取り出せます。

SIMピンがない場合はクリップや安全ピンで取り出せます。

 

■乾燥させる

iPhoneについた水滴を拭いても内部に侵入した水が残っていると、今は使える状態でも次第に不具合が出てくる可能性があります。

ジップロックなどにiPhone本体と乾燥剤を入れて十分に乾燥させておきましょう。

乾燥剤はお菓子などに入っているもので問題ありません。

 

機能に不具合がある場合は速やかに修理

水没して内部まで水が侵入しているとサビや腐食の原因となり、時間が経てば経つほど復旧が難しくなっていきます。

水に濡れた後に「画面が反応しない」「電源がつかなくなった」などの症状が出た場合はできるだけ速やかに修理に出すことをおすすめします!

 

ただし、修理で一時的に治ってもサビや腐食の進行によって再度使えなくなる可能性があります。

あくまでもデータ復旧のための一時的な処置として、すぐにバックアップを取っていつ故障しても大丈夫なように備えておいたほうがいいでしょう。

データが不要の場合はAppleストアで本体交換をしてもらうか機種変更をおすすめします。

 

iPhone・Google Pixel修理ならiCrackedキャナルシティ博多にお任せください!


iCracked(アイクラックト)キャナルシティ博多は、キャナルシティ博多サウスビル2階にあるiPhone/Google Pixel修理店。

バッテリー交換や画面修理・カメラ修理など、データそのまま・最短30分・対面修理」で承ります!

キャナルシティ博多に店舗を構えているので待ち時間に映画を観たり、買い物を楽しんでいただくことも可能です♪

営業時間は、10:00〜21:00(最終受付20:00)まで。

キャナルシティ博多まではJR博多駅より徒歩10分程・天神から西鉄バスを使って8分程でアクセスできますよ♪

博多でiPhone・Google Pixel修理店をお探しなら、iCrackedキャナルシティ博多にお任せください!

※店舗詳細は「iCrackedキャナルシティ博多 – 公式サイト」から

この記事を書いた店舗

iCracked Store キャナルシティ博多

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒812-0018

福岡県福岡市博多区住吉1丁目2 キャナルシティ博多 サウスビル2F


10:00〜21:00《最終受付20:00》年中無休 ※新型コロナウィルス感染拡大防止のため当面の間10:00〜20:00《最終受付19:00》

☎ 092-262-1214


キャナルシティ博多店HPへ ストア一覧へ