MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

防水端末でも油断は禁物

iCracked Store 名古屋栄本店 最終更新日: 掲載日:

 

夏と言えば海とプール、そしてゲリラ豪雨や台風…

楽しい事楽しくない事に関わらず、水に触れる機会が多い季節でもあります。

 

iPhone・Pixel共に水没電源端末に対する完全な修理は非常に難しく

あくまで応急処置に留まるケースがほとんどです。

 

そんな端末でも出来る限りの対応はさせていただく所存ですが

水没時にお客様のとる行動によって、修理確率がグッと跳ね上がります。

 

①電源を入れないor電源を切る。

スマホが水没してしまって一番怖いのは基盤が水分でショートしてしまうこと。

水没直後、電源が既に切れてしまっている場合は電源を入れない、

また電源が入っている場合でもすぐに切るようにしましょう。

 

②振ったりドライヤーで乾かそうとしない。

ブンブンと振って水気を飛ばす、ドライヤーで乾燥をさせる、これは全くの逆効果です。

不用意に動かすと水が中に入り込んでスマホ全体に故障が広がってしまったり

また温風によりスマホが熱くなりすぎ、それ自体が故障の原因に繋がる事もあります。

 

③SIMカードやSDカードを取りて出しておく。

SIMカードが使える状態であれば

代替機に挿すことで一時的な連絡手段を確保することができます。

またSDカードも損傷がなければデータが無事なケースがほとんどなので

バックアップや修理後の復旧に役立ちます。

 

④手の届く範囲の水分を取り除く。

外側についている水滴や充電口・イヤホンジャックに入り込んだ水分を

ティッシュやタオル、細い綿棒などを使って取り除きましょう。

この時、端末はゆっくり丁寧に扱うこと。

拭く行為自体が故障の原因になったり、水分が奥深くまで浸透してしまいます。

 

⑤乾燥剤と一緒に密閉パックに保管する。

乾燥剤や生米をジップロックなどの密閉パックに濡れたスマホを入れて

内部の水分を乾燥させます。

状況にもよりますが最低24時間、余裕があれば3日ほどでしょうか。

あわせて天日干しするとより効果的です。ただしスマホが熱くなりすぎないよう注意。

 

 

以上の処置を行った上で修理店へお持ち込みいただくと

修理確率が格段に上がります(‘◇’)ゞ

いざという時は是非お試しください!

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 名古屋栄本店

iCracked Store 名古屋栄本店

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク5階


10:30~20:00《最終受付19:00》年中無休

☎ 052-684-4435

ストアページへ 全国のストア一覧へ