MENU

iTech BLOG

iTech ブログ

iPhoneの夏バッテ(リー)

iCracked Store 栄ロフト名古屋

 

茹だるような暑さ、お馴染みの蝉の鳴き声、火照っていくiPhone…
今年も夏がやってきましたね!!(いい笑顔)

なんだか暑すぎる夏や寒すぎる冬って、iPhoneのバッテリーの減り、早く感じませんか?

 

そこで今回はiPhoneのバッテリーが、どのように使われているか確認する方法をお教えします٩( ᐛ )و

確認するには、(※iOSによって表記が異なる場合があります)

設定→バッテリー→バッテリーの使用状況

と進みます。

 

ほとんどがアプリに使われているので、LINEやゲームアプリの%数値が高めの人が多いのでは?
「このアプリよく使ってるから(起動してるから)%数値が高いのも納得!」
と思っていただけるなら問題はないです。

しかし、あまり使ってもいないアプリの%数値が高い場合、

激しいバッテリー消耗はそのアプリが原因かもしれないです。

 

バックアップを取っている、

もしくはID・パスワードのログインでまた使えるアプリなのであれば

一度アンインストールの後再インストールをオススメします

(もちろん自己責任でお願い致しますm(_ _)m)

 

アプリの%数値はそんなに高くない、

そもそもそんなにiPhoneを触っていなくてもバッテリーが減ってしまう…

そんな方に次に見ていただきたいのが、「ホーム/ロック画面」の%数値です。

この項目の%数値が高かった場合、設定を見直せば改善されるかもしれません!

 

この「ホーム/ロック画面」で出ている%数値は、
読んで字の如くホーム画面とロック画面でバッテリーを消費していると表示されます。

 

「ホーム画面はまだしも、ロック画面でバッテリー使ってるってどういう事?」
と疑問を持たれる方も多いはず。

 

答えはズバリ、「通知」です!!!!!!!!

 

アプリやメッセージなどで通知が来ると、iPhoneの画面って光りますよね?
その時の消費が、「ホーム/ロック画面」の%数値に繋がっているという訳です。

なので通知が沢山来る覚えがある方は、設定→通知→通知スタイルと進んで、
設定を見直す事で無駄なバッテリー消耗を抑えられるかもしれないです!

 

もしくは「自動ロック」の時間を長めに取っている方、それが原因かもしれません。

「自動ロック」はご自身でスリープ(電源)ボタンを押すまでiPhoneの画面が光り続ける機能です。
この「自動ロック」を1分にしていると、放置してからiPhoneの画面が消えるまで1分もかかる事になります。

 

しかも、もし消える1分までの間に何か通知が来た場合、その1分は伸びる事になるのです…。
その時に消費したバッテリーも、「ホーム/ロック画面」の%数値に入ります。

万が一「自動ロック」の時間設定が「なし」になっていたら………(・・;)怖いですね笑

なので「ホーム/ロック画面」の%数値が高い方は、
通知の設定と自動ロックの設定時間を見直してみてください!

 

設定を見直すだけでiPhoneの可能性は無限に広がりますが、
物理的な故障はやはり修理が必要です。

 

ご自身で出来得る設定やデータの見直しをされても改善されないのであれば、
ソフトウェアの問題よりもハードウェア、本体に問題がある可能性が高くなります。
そんな時はまず当店にご来店くださいませ!

 

「iTechサポート」で設定の見直し方法はもちろん、
ソフトウェア部分に問題がないか切り分けたりiPhoneの使い方についてなどなど
物理的な修理の前に直せる部分がないか見させていただきます!

もしそれで直らなくてもその場で物理的な修理に切り替える事も出来ます(o^^o)

 

精一杯お力になりますので、
iPhoneでお困りでしたら是非一度足を運んでみていただければと思います。

 

iCracked Store 栄ロフト名古屋

iCracked Store 栄ロフト名古屋

460-0008

愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク5階

10:30~20:00 年中無休

052-684-4435

ストアページへ