MENU

iPhoneのバッテリー交換でデータは消えるの?残せるの?

コラム 最終更新日: 掲載日:

iPhoneのバッテリーは消耗品です。経年劣化していきます。「バッテリーの減りが早い」「充電時間が長い」と感じたらiPhone買い替えか、バッテリー交換を検討する方がほとんどです。

バッテリー交換を選んだ場合、心配になるのはデータが消えてしまうかもという不安ではないでしょうか。

iPhoneには、電話帳データをはじめ、写真、動画、ゲームアプリのデータ、やり取りしたメッセージ履歴など、端末には大切なデータがたくさん保存してあります。

こちらのコラムでは、バッテリー交換をするとデータは消えるのか、残せるのか説明しています。ぜひ、参考にしてください。


バッテリー交換であればデータを消えない

バッテリー交換のみであれば、Apple Storeや正規店、街のスマートフォン修理業者(非正規店)ともに基本的にはデータが消える心配はありません。

ただし、正規店と非正規店の対応には少し違いがあります。どのような違いがあるのでしょうか。


Apple Storeや正規店でのバッテリー交換

Apple Storeや正規店でも「バッテリー交換」のみであれば、データを消さずに交換作業できる可能性があります。ただし、バッテリーが膨張していたり、その他のiPhoneの状況によっては本体交換が必要になってしまうためデータは消えてしまいます。

また、Apple リペアセンターでの配送修理を選んだ場合には、データのリセットが必要なので、データを残すことはできません。


●データをリセットする理由は個人情報の観点からです

Apple Storeや正規サービスプロバイダ(正規店)でデータをリセットする理由は、Appleのプライバシーポリシーによるものです。

現在は、削除しないようですが、以前はバッテリー交換でも個人情報保護の観点からデータ削除をしていました。


非正規店でのバッテリー交換

非正規店で「バッテリー交換」する場合は、基本データは消えません。保存したままにすることができます。

iCrackedでもデータを削除せずにバッテリー交換をお受けしています。なお、iCrackedではお客様の個人情報保護のため、修理はお客様の目の前で行います。動作確認はお客様と一緒におこないますので、他店のようにパスコードをお伺いすることはありません。


データが消えなくてもバックアップは取るべき

消えないことが分かっていても取れる状態であれば、データのバックアップは取っておきましょう。ほかの異常、が見つかった場合や技術者のミスなどがあった場合に、データを残しておくことができなくなることがあります。

そのため端末にデータを復元するためには、バックアップが必要になります。iCloudやiTunesなどにデータを保存しておくと安心です。


まとめ|正規店・非正規店どちらもデータは消さずにバッテリー交換できる

いかがでしたか?正規店、非正規店どちらもデータを消さずに、バッテリー交換できることを説明しました。どちらを選択するかは、費用や時間など都合に合わせるのがいいでしょう。

また、データを見られるのが心配な方は、対面修理の店舗を選びましょう。受付と作業場が違う場合があります。心配であれば、対面修理がおすすめです。こちらを参考に、バッテリー交換をしてください。