MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

【メリット】eSIMのこれからを考えてみた【デメリット】

iCracked Store マルイシティ横浜 最終更新日: 掲載日:

こんにちは!

修理するときにお客様の電話からIMEI(製造番号)を確認し、受付を行っていますが、最近「IMEI2」というのをよく見かけるなと思いIMEI2を調べたところ、Pixel Phoneヘルプのページに

「Pixel 3a 以降の Pixel スマートフォンでは、物理的な SIM カードと eSIM の 2 つの SIM を使用できます。テキスト メッセージの送受信や通話など、どの操作にどちらの SIM を使うかを選択できます。この機能は、デュアル SIM デュアル スタンバイ(DSDS)と呼ばれます。」

との記載がありました。そういえばeSIMについて知らないことが多いな…と思い今回色々調べてみました。

良かったら参考にしてください(^^)/

 

eSIMって?

そもそもSIMは「Subscriber Identitiy Module」の略で携帯電話の契約者情報やキャリア情報、電話番号が書き込まれているものになります。

ではeSIMですが、「embedded Subscriber Module」の略だそうです。embeddedとは埋め込まれたという意味でSIMを挿すのではなく本体に直接書き込む事で使えるようにするというものです。

 

メリットとデメリット

では、eSIMにすることでどんなメリット、デメリットがあるのか。

※主観が入りますので、ご容赦くださいm(__)m

メリットは今後eSIMだけしか使用が出来ない携帯電話が出た時に、SIMスロットを作らず防水性能や各部品の位置調整を自由に作成できるという良さがあると思います。

昔のガラケーや古いスマホって電池が外せましたよね?? あの電池ってメーカーによっては違う機種でも同じものを使用していたり、違うメーカーでも形が似ているものが多かったんです。

でも、高性能なスマホを開発するときに電池の形状が自由になった方が作りやすかったり見た目の美しさを重視してフラットなボディを作ろうとして無くなったと思っています。

同じ様にSIMトレイ挿入口が無くなれば更に綺麗で内部も自由にできますよね(*^^*)

もう一つは発行さえできれば即利用が出来る事です。例えば、MNP(番号そのまま他社に乗り換える)を利用して郵送されるまで利用できない…なんてことはありませんし、海外のプリペイドSIMを差し替えるのって面倒だったりしますが、本体に設定させすればよいeSIMはかなり楽です♪

では、デメリットは…

機種変更の時に手間がかかる事でしょう(>_<) 今までは差し替えるだけで即利用が出来たのに、初期設定+eSIM設定までしなくてはいけないというところがデメリットでしょう…

今後増えていくのか

これに関しては増えていく気がします。スマホが高性能化+折り畳み等様々なタイプが出始めている中でフラットな作りが出来るeSIMはメーカーさんにとってありがたいのではないかと思います。

 

それでは、今回はここまで。ありがとうございましたm(__)m

 

ご予約、ご相談はコチラ
Twitterやっています♪

この記事を書いた店舗

iCracked Store マルイシティ横浜

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelシリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒220-0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12 マルイシティ横浜 B1F


10:30〜20:30 《最終受付19:30》年中無休 ※新型コロナウィルス感染拡大防止のため当面の間10:30〜20:00《最終受付19:00》

☎ 045-577-0707


マルイシティ横浜店HPへ ストア一覧へ