MENU

iPhoneのバックアップができない原因と対処法!iCloud・iTunes別に対処方法を解説

コラム 最終更新日: 掲載日:
iPhoneのバックアップができない原因と対処法!iCloud・iTunes別に対処方法を解説

iPhoneの破損や故障に備えるバックアップ。万が一の時に備えてバックアップを取っておくことは重要ですが、バックアップができないと焦ってしまいますね。

スマートフォンには、写真や動画などの大切なデータだけではなく、連絡先などの重要な情報も記録されています。ですので、何らかの原因でバックアップができない状況は解消しておく必要があります。

この記事では、iPhoneのバックアップができない原因と対処方法を、iCloud・iTunes別に解説します。

iPhoneのバックアップについて

iPhoneはデフォルトで「iCloud」への自動バックアップがオンになっています。

iCloudへの自動バックアップがオンになっているか確認したい場合、「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」と順にタップして、「iCloudバックアップ」がオンになっていることを確認しましょう。オフになっている場合、iCloudへの自動バックアップは行われません。

また、PCをお持ちの場合は、PCとiPhoneを接続して「iTunes」を利用したバックアップも可能です。

iPhoneがiCloudでバックアップできない原因と対処方法

ここでは、「iCloudバックアップ」がオンになっているにも関わらず、iCloudでバックアップができない原因と対処方法を解説します。

「iCloudストレージが不足している」という警告が表示される場合

iPhoneに「iCloudストレージが不足している」という警告メッセージが表示された場合、iCloudの空き容量不足でバックアップができなくなっています。

「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」の順にタップすると、iCloudストレージの消費容量を確認することができます。
iPhoneストレージ内の、バックアップ不要な写真や動画・音楽などのファイルを削除して、バックアップに必要なデータ容量を削減しましょう。

「前回のバックアップが完成しなかった」という警告が表示される場合

iPhoneに「前回のバックアップが完成しなかった」という警告メッセージが表示された場合、通信環境に問題があったためバックアップができなかったことが考えられます。

原則、iCloudでのバックアップにはWi-Fi接続が必要ですので、iPhoneがWi-Fiに接続されているかを確認しましょう。
iOS 15から4G・5Gでのモバイルデータ通信でもiCloudでバックアップが可能となりましたが、ギガを大量に消費してしまうため、バックアップはWi-Fi環境で行うのがおすすめです。

Appleのサーバーダウン

ユーザー側の問題ではなく、Appleのサーバーのトラブルによりバックアップができないケースもあります。

特に、新しい端末が発売されたタイミングは、機種変更に伴う同期が集中してサーバーに接続しにくくなってしまいます。
時間を空けてバックアップを試してみて、症状が改善されるかを確認してみましょう。

iCloudに古い端末のバックアップデータが残っている

iPhoneの機種変更をしてからバックアップができなくなった場合、iCloudに古い端末のバックアップデータが残っていることが原因となっているケースがあります。

「設定」→「ユーザー名」→「容量」→「ストレージを管理」→「バックアップ」の順にタップすると、iCloudバックアップがオンになっている端末が表示されます。
古い端末が表示されている場合、旧端末のバックアップを削除すれば症状は改善されます。

iCloudの容量が足りない場合は容量の追加購入も要検討

iCloudでは、5GBまでのストレージ容量を無料で利用できますが、バックアップの容量としては物足りません。

5GB以上のiCloudのストレージ容量が必要な場合、有料でストレージ容量を追加することができます。

50GBまで 130円
200GBまで 400円
2TBまで 1,300円

容量不足でバックアップができない場合、必要に応じて容量を追加購入することも検討しましょう。

iTunesでバックアップできない場合の原因と対処方法

ここでは、iTunesでバックアップができない場合の原因と対象方法を解説します。

iTunesもしくはiOSのバージョンが古い

iTunesもしくはiOSのバージョンが古い場合、バックアップができないケースがあります。バージョンが最新のものになっているか確認してみましょう。

パソコンのストレージの容量不足

HDDやSSDの容量が不足しているとiTunesでのバックアップができません。容量がいっぱいになっている場合、HDD・SSDの不要なデータを削除して容量を空けるか、外付けHDDなどを使用しましょう。

セキュリティソフトがバックアップを妨げている

セキュリティソフトがiTunesでのバックアップを妨げているケースもあります。いったん、セキュリティソフトを一時停止してからバックアップを試してみましょう。

iPhoneのバックアップ時の注意点

iPhoneをバックアップする際には、パソコンなどから取り込んだ音楽のデータや、Apple Pay・Touch IDの情報はバックアップできませんので注意が必要です。

また、バックアップからデータを復元する際には、Apple IDとパスワードが必要となりますので、忘れないようにしておきましょう。

バックアップできない原因は容量不足か通信エラーの可能性大

iPhoneがバックアップできない原因は、多くの場合、容量不足か通信エラーによるものが多くなっています。

特に、iCloudの場合は無料では5GBしか容量がありませんので、必要に応じて有料の追加容量の購入も検討しておきましょう。
記事で紹介した対処方法を全て試してもバックアップができない場合、iPhone本体の故障や不具合が考えられます。

故障の修理や点検を業者に依頼する場合は、iPhoneの故障や修理対応の経験が豊富な「iCracked」におまかせ下さい。

iCrackedのiPhone修理