MENU

iPhoneのストレージが足りないときに空き容量を確保する方法!事前のバックアップも忘れずに

コラム 最終更新日: 掲載日:
iPhoneのストレージが足りないときに空き容量を確保する方法!事前のバックアップも忘れずに

iPhoneのストレージ容量が足りなくなってしまうと、写真や動画を保存できなくなったり、新しいアプリをインストールできなくなったりして困ってしまいます。

それだけではなく、ストレージに余裕がない状態では、iPhoneの動作が遅くなってしまうなどの不具合の原因にもなってしまうため、早めの対策が必要です。

今回は、iPhoneのストレージの空き容量を確保する方法を詳しく紹介します。

iPhoneのストレージの空き容量を確認する方法

まず、iPhoneのストレージの空き容量を確認してみましょう。「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」で、ストレージの空き容量を確認できます。

まず、iPhoneのストレージの空き容量を確認してみましょう。「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」で、ストレージの空き容量を確認できます。

使用済みのデータ量がストレージ容量に近い場合、ストレージの空き容量はほとんど残っていないということになります。

また、iPhoneストレージでは、Appや写真・音楽など、どのような項目がストレージ容量を圧迫しているかも確認できます。ストレージを整理する際には、使用状況を確認したうえで削除・整理するデータの方針を決めるようにしましょう。

iPhoneのストレージの空き容量を確保する方法

iPhoneのストレージが足りない場合、基本的には不要なデータを削除して空き容量を確保する必要があります。

ここでは、具体的にどのようにストレージの空き容量を確保していくのかを紹介します。

ストレージの空き容量を確保する前にやっておきたいこと

ストレージの空き容量を確保するためにはデータを削除する必要がありますが、中には消したくない写真などの大切なデータもあるでしょう。

iPhone本体からデータを削除する前に、iCloudをはじめとしたクラウドストレージにデータをバックアップしておきましょう。

iCloudで写真やビデオをバックアップする場合、「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」から、「iCloud写真」を有効にします。

「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」から、「iCloud写真」を有効にします。

iCloudに写真やビデオをアップロードしておけば、いつでもiCloudから写真/ビデオを閲覧・ダウンロードすることが可能です。

iCloudでは5GBまでのストレージ容量を無料で利用できます。また、有料のオプションにはなりますが、最大で2TBまでのオンラインストレージを利用することが可能です。

50GB 月額130円
200GB 月額400円
2TB 月額1,300円

また、iCloud以外にも、GoogleフォトやOneDriveなど、さまざまなオンラインストレージサービスがありますので活用してみてくださいね。

使っていないアプリを削除する

1度に大きなストレージの容量を確保する方法が、使っていないアプリの削除です。

使っていないアプリを個別にアンインストールするほか、「非使用のAppを取り除く」を有効にすれば、一定期間使用していないアプリを自動的に削除できます。
「設定」→「App Store」から、「非使用のAppを取り除く」をオンにすれば設定は完了です。

「設定」→「App Store」から、「非使用のAppを取り除く」をオンにすれば設定は完了です。

アプリが自動削除された場合も、アプリのデータは保持されますので、再度使用する場合はアプリだけを再ダウンロードすれば利用できます。

キャッシュを削除する

ブラウザなどに保存されているキャッシュの削除も、ストレージの空き容量を確保する有効な方法です。

Safariのキャッシュを削除する場合、「設定」からSafariを選択し、「履歴とWebサイトデータを消去」を選択します。

また、Safariだけではなく、LINEやTwitterなどのアプリにもキャッシュが保存されていますので、整理することで空き容量を確保できます。

ただし、ブラウザのキャッシュを削除した場合、Webサイトの自動ログインの設定などが解除される場合がありますので、注意しておきましょう。

不要な写真・動画・音楽を削除する

不要な写真・動画・音楽を削除することで、ストレージ容量を大きく確保できる可能性があります。

ただし、写真や動画はフォルダから削除しても「最近削除した項目」に移動し30日保存されるため、すぐに空き容量を確保するためには完全に削除する必要があります。
「写真」→「アルバム」をタップし、下部の「最近削除した項目」の写真を全て削除することで、ストレージから完全に写真を削除できます。

「写真」→「アルバム」をタップし、下部の「最近削除した項目」の写真を全て削除することで、ストレージから完全に写真を削除できます。

完全に削除した写真・ビデオは復元できませんので、大切な写真は事前にバックアップを取っておくなどの対策が必要です。

データを外部ストレージに移動する

クラウドストレージを利用するのが苦手、または不安を感じる方は、SDカードやUSBメモリーなどの物理的な外部ストレージにデータを移動しておくのも有効です。

ただし、外部ストレージを利用する場合は、トラブルを防ぐためにiPhone純正のオプションを利用するのがおすすめです。

そもそも空き容量が足りない場合はストレージの大きな機種への買い替えも要検討

ストレージの空き容量を確保したのに、またすぐに容量がいっぱいになってしまうという方は、そもそものストレージ容量が使用状況に合っていない可能性があります。

2021年に発売されたiPhone13の場合、

  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB

と、最大で1TBの大容量のストレージを選択することが可能です。

近年では、高性能化によって、アプリやOSにも大きな容量を必要としますので、ストレージ容量にはある程度余裕を持って端末を選びたいですね。

ストレージ内の不要なデータを削除して空き容量を確保しよう!

iPhoneのストレージ容量が足りなくなって、新しいアプリや写真を保存できなくなった場合、不要なデータを削除・整理して空き容量を確保する必要があります。

特に、アプリや写真はデータ容量が大きいので、不要なデータを削除すればストレージ容量に余裕を持たせることができます。

ただし、そもそものストレージ容量が少ない場合、頻繁にストレージの整理が必要になって不便ですので、ストレージ容量の大きい機種への買い替えも検討しておきましょう。

ストレージ容量がギリギリの状況でiPhoneを使い続けていると、メモリークラッシュなどの不具合の原因にもつながってしまいます。

iPhoneの故障やiPhone修理は、豊富なスマホ・タブレットの修理実績を持つiCrackedにおまかせください!

iCrackedサービス一覧