MENU

TOPICS

トピックス

Google Pixel 3、正規修理はじめました!

その他

Pixel 3、ようこそ日本へ!

突然ですが、私はGoogleの大ファンです!

WEB検索はもちろんGoogle Maps、Gmail、YouTubeなどGoogleが提供する多くのサービスを日常的に使用しています。
Gmailのスパムフィルタリングは相変わらず最強だと思っていますし、Google Earthを初めて目にした時は鳥肌が立つくらい感動したことを覚えています。
世界中の開発者向けにGoogleが新しい取り組みを発表するGoogle I/Oの講演などは見ているだけでワクワクしてきます。

(2時間近くある動画なのでお時間ある時にどうぞ!)

かつては最新のAndroidを使いたくて、日本で未発売だったNexus Sを海外から取り寄せたこともあります。
ご存知の方も多いと思いますが、Googleのリファレンスモデルとして2010~2015年に販売されていたのがNexusシリーズです。NexusシリーズはSamsungやHTCなどが製造を担当しており、電話機本体にはメーカーロゴとGoogleロゴが印刷されているものが多かったと思います。(Nexus SはGoogleとSAMSUNGのロゴが印刷されています。Googleのロゴも今とは違いますね。)

そのNexusシリーズが終了し、Google純正のスマートフォンとして2016年に登場したのがPixelシリーズです。
Googleの最新サービスを体験できるPixelですが、残念ながら2016年の初代Pixel、2017年のPixel 2と日本では発売されませんでした。

それが、とうとう、Pixel 3が日本に上陸するではないですか! しかもFeliCaに対応した日本専用モデルとして!!

そのPixel 3をiCrackedがGoogleの正規サービスプロバイダとして取り扱えること、本当に嬉しく思っています!

正規修理ならではの苦労も

日本でのPixel 3のサポートについて初めに打診をいただいたのは半年近く前、マウンテンビューに数多くあるGoogleのビルの一室でした。
この時点では機種名も、発売時期も、そもそも日本で発売するかどうかも、明確に教えていただいたわけではありませんが、Googleファンの私としてはもちろん即答です。

「ぜひ、やらせていただきます!」

その後は色々な契約の締結に加え、システムのセキュリティーや堅牢性の検査を行ったりと、サードパーティーの修理とはだいぶ異なる準備が必要でした。

しかし、もっとも大きな違いはサービスの開始時期です。

iCrackedでiPhone新機種の修理を開始するには、販売されている新iPhoneを購入し、分解して修理手順を確認するところからはじめます。しかし、すぐにサービスインするわけではありません。発売直後は修理のニーズも少ないですし、修理パーツの価格もすごく高いのです。
「お客様からの問い合わせが増えてきた」、「パーツの品質や価格が安定してきた」というような状況をみながら、いつサービスを開始するかを決めています。

しかし、今回のPixel 3では発売後すぐに修理できる体制を整える必要があります。しかし修理のトレーニングをはじめたくても、Pixel本体も、修理パーツも、発売前ですから簡単に手に入るわけではありません。限られた時間と機材でツールを準備して、トレーニングを進めていくための調整が大変でした。

また、情報管理にもとても気を使いました。私たちから情報が漏れるわけにはいきませんので、プレスリリースされるまでは情報は可能な限り少人数に留め、会議などでもGoogleやPixelという言葉を一切使わないようにしてきました。

トレーニング開始!

はじめてPixel 3の実物を使った修理トレーニングができたのは10月中旬、場所はテキサス州ダラス!
アメリカだけでなく、ヨーロッパ、アジアの多くの国から修理業者のメンバーが集まってのトレーニング。iCracked Japanからは2名のiTechが参加しました。

iTech 2名は店舗での勤務と同じくiCracked Tシャツを着て参戦。向かい側にはUSではiCracked同様のビジネスモデルで競合でもあるPulsのお兄さんが、こちらもまたPuls Tシャツ着て座ってたので気合が入りました(笑)
ちなみにPulsのお兄さんはGoogle主催の懇親会でも目の前の席だったので、一緒に飲んで仲よくなりました!

修理はiPhoneと比較するとかなり大変で、時間もかかります。その代わり、iPhoneと比較して修理後の防水性能は圧倒的に維持できる構造ですね。これはお客様にとってはプラスだと思います。

(参考記事)

その後、マニュアルや動画を日本語へ翻訳し、iPhone修理では使用しないツールを購入し、各店舗のiTechへのトレーニングを開始し、と準備を整えてきました。

遅れていた修理パーツも納品されましたので、一部の店舗を除き店頭修理の受付をはじめました(該当店舗は、WEB予約ページでPixel 3を選択できるようになっています)。また、郵送修理も近日中に開始させていただきます。
ただし、当面は修理部材の在庫が少なく全店に配備できないため、ご予約をいただいてから部材を出荷する必要があります。そのためPixelの修理につきましては「5日後以降での予約」を必須とさせていただきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。