MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

iPhoneが起動しない!原因は?対処法は?

iCracked Store 東急ハンズ心斎橋 最終更新日: 掲載日:

みなさんこんにちは!

iCracked Store東急ハンズ心斎橋です!

 

いよいよ2020年も終わりが近づいて参りましたね!

今年は激動の年となりました・・・

筆者が個人的に今年の漢字を挙げるなら、「耐」ですね。

 

外出や大人数での集まりが難しくなり、多くの娯楽が制限され・・・

ただそんな中でも、「オンライン飲み会」や「オンラインライブ」等、

流行語大賞のTOP10にもありますが、「オンライン○○」が活躍しましたね!

 

私の職業柄ということもありますがこのご時世、改めてスマートフォンの重要性を認識しました・・

筆者は現在iPhone12Proを使っていますが、フォルムもよく、画面も大きくて見やすいので、

休日の娯楽に大きく一躍かってもらっています。

 

さて、そんなiPhoneですが、ふとした事故による画面割れや、バッテリーの劣化等、

どうしても一定のリスクは消し去れませんが、そんな中でもお客様からお問い合わせが多いのが、

「急にiPhoneがリンゴマークから起動しなくなった!」「リンゴマークが点いたり消えたりを繰り返す!」

といった不具合のお問い合わせです。

 

こういった症状を一般的には「リンゴループ」と呼びますが、

このリンゴループ、なかなかに凶悪・・・最悪の場合、データが消えてしまうことも!

 

今日はそんなリンゴループの原因と、なってしまった際の対処法についてご紹介致します!

 

リンゴループの原因

結論から言うと、リンゴループの原因は様々なものがあります。

・本体基盤(iPhoneの脳みそのようなイメージ)の故障

・iOSソフトウェアの不具合やエラー

・アップデートやバックアップの失敗

・落下など、外部的損傷

・水没

・バッテリーの劣化

etc…

 

また厄介なのが、リンゴループになってしまった際、

「何が原因でリンゴループになってしまったのか、特定がしづらい」のです。

 

当店にも「いきなりiPhoneがリンゴループに!」という方がよくご来店頂きますが、

それが基盤が原因なのか、バッテリーが原因なのか、iOSが原因なのか、はたまた他の原因なのか、

はっきりとは分からないのが非常に厄介な点なのです。

 

「えっ?それじゃあ直せないの・・・?」

ご安心ください。対処法はあります!

 

リンゴループの対処法

リンゴループの原因は沢山ありますが、対処法は限られています。

ソフトウェアが原因の場合と、ハードウェアが原因の場合で対処法は変わってきます。

 

ソフトウェアが原因の場合

前述した原因の中で、

・iOSソフトウェアの不具合やエラー

・アップデートやバックアップの失敗

がこれにあたります。

 

「アップデートの途中でリンゴループになった・・・」

「特に落としたり、故障はなにのにリンゴループになった・・・」

といった方はこちらを試してみるといいかもしれません!

 

①リカバリーモードを利用し、iPhoneを更新する

iPhoneを「リカバリーモード」という状態でパソコンのiTunesに接続し、

iPhoneの更新(アップデート)を行う事でソフトウェアの不具合を解消する方法です。

 

この方法はiPhoneのアップデートなので、データはそのままで行うことができます。

 

リカバリーモードについては、関東のiCrackedが分かりやすくて詳しい記事を書いてくれているので、

是非こちらを参照頂ければと思います。

https://www.icracked.jp/blog/kanto/tokyoto/shinjuku/44608

 

②iPhoneの初期化を行う

上記の更新がうまくいかない場合、iPhoneの初期化、つまり「復元」が必要になる場合があります。

※復元方法は上記の更新と同じです。iPhoneをiTunesに接続後、「復元」を選択することで実行できます。

リンクのブログに記載がありますが、「復元」を選択するとデータは消失します。要注意!

バックアップを取っていなかった場合、データの復旧はほぼ不可能になります!

 

また、上記の初期化もうまくいかない場合は、リカバリーモードではなく、

「DFUモード」で初期化を行う必要がある場合もあります。

これはあくまで最終手段にはなります。後日方法を含め詳細を当ブログでご紹介致します。

 

ソフトウェアの問題の場合、基本的には上記の「更新」もしくは「復元」が必要になります。

 

ハードウェアが問題の場合

前述した原因のなかでは、

・本体基盤(iPhoneの脳みそのようなイメージ)の故障

・落下など、外部的損傷

・水没

・バッテリーの劣化

 

「水に落としたらリンゴループに・・・」

「このiPhoneを結構長く使ってる・・・」

「落とした拍子にリンゴループに・・・」

といった方はハードウェアが原因かもしれません。

 

当たり前ですがハードウェアの故障が原因の場合は、修理を行うことで改善する可能性があります。

 

ただし、修理を行ったうえで、さらに更新や初期化が必要だったり、

損傷の具合によってはは本体交換が必要な場合もあります。

 

リンゴループの対策・予防

前述の通り、リンゴループは原因となる要素が沢山あるので、完全な対策は難しいです。

なのでリンゴループの対策として大事なのは、ならない対策よりも、

リンゴループになってしまった際の対策、つまりデータのバックアップが非常に大切!

 

バックアップさえしっかりとっていれば、いざ初期化や端末交換をしたとしても、

大切なデータを守ることが出来ます!

 

「今までスマホを落としたことないし・・・」

「最新機種だし、大丈夫でしょ」

「アップデートはしないようにしてるから・・・」

油断は禁物です!どんな使い方をしていても、リンゴループのリスクは消し去れないのです。

 

実際にiPhoneがリンゴループになってご来店頂く方は、

「何もしてないのに突然なった!」

「アップデートしただけなのに・・・」

といったように、予期せずリンゴループになってしまう方が非常に多いです。

 

普段から、バックアップやデータの整理をこまめに行うことが非常に大切なのです!

 

プロに相談しよう

長々とリンゴループについてご紹介してきましたが、

やっぱりいざとなったらプロに相談するのが一番だと、筆者は考えます。

 

当店は修理のご相談だけならもちろん無料です!

 

パーツの修理だけでなく、

リンゴループの修理や、データのバックアップ等、様々なサポートを¥3,000~行っています!

 

「リンゴループになっちゃて、どうしたらいいか分からない・・・」

「更新や復元ができない・・・」

「バックアップが取りたいけど、方法が分からない・・・」

等、お悩みの際は是非、iCrackedにご相談ください!!

 

この記事を書いた店舗

iCracked Store 東急ハンズ心斎橋

iCracked Store 東急ハンズ心斎橋

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone修理は勿論、国内唯一のGoogle正規サービスプロバイダとしてPixelの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒542-0085

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3心斎橋パルコ 9F


10:00〜20:00《最終受付19:00》年中無休

☎︎ 050-3590-6475

ストアページへ 全国のストア一覧へ