MENU

iPhoneバッテリーのパフォーマンス

コラム 最終更新日: 掲載日:
iPhoneには充電式のリチウムイオンバッテリーが搭載されています。バッテリーは寿命のある消耗品で、充放電を繰り返すうちに劣化していきます。バッテリーの性能が低下すると、電池の持ちが悪くなるのはもちろん、iPhoneのパフォーマンスにも影響することがあります。

ピーク電力の低下

iPhoneの内部には、多数の電子部品が組み込まれています。iPhoneを使うには、これらの部品が正常に動作している必要があり、それには一定の電力が必要です。

しかしバッテリーは劣化が進むと、充電可能な容量だけでなく、瞬間的に供給できる電力(ピーク電力)も低下していきます。そのため、たとえばアプリを起動したときなど要求される電力が大きくなった時に、必要な電力が供給できないことがあります。そしてiPhoneが正常に動作し続けるのが難しいと判断されると、システムによって自動的にシャットダウンします。iPhoneを守るための挙動ですが、iPhoneを操作している人には突然シャットダウンが起きたように見えます。

突然のシャットダウンが起きると…

iPhoneには、突然シャットダウンが起きてしまうのを防ぐために、iPhoneのパフォーマンスを管理する機能があります。突然のシャットダウンが起きたiPhoneは、この機能が適用されパフォーマンスが抑えられている可能性があります。

影響としては、アプリの起動に時間がかかるようになった、画面が前より暗くなった、音量が小さくなったといったものが挙げられます。管理の程度は端末の状態によって異なり、また新しい機種であれば端末自体の性能が高く管理の必要性が小さいため、あまり変化が気にならないこともあります。

バッテリーのパフォーマンスの状態を確認する方法

パフォーマンス管理が適用されているかどうかは、iPhone上で確認することが出来ます。「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」の「ピークパフォーマンス性能」という項目で、適用状態に応じたメッセージが表示されます。パフォーマンス管理機能が適用されている場合には、手動で無効にすることもできます。

機種によっては修理後警告が表示されることがある

iPhone XS、XS Max、XR以降の機種を使用している場合、「純正バッテリー以外が取り付けられている」という警告が表示されることがあります。
これはApple正規店以外でバッテリー交換を実施した場合に表示されるもので、iCrackedで修理を行った場合も表示されます。
修理後ロック画面に4日間、設定App上には15日間表示されます。
バッテリーの最大容量や状態が表示されなくなりますが、iPhoneやバッテリーに問題があるわけではなく正常に機能していますのでご安心ください。

→ 参考ページ iPhone の純正バッテリーについて(Apple サポートコミュニティ)