MENU

iPhoneが4Gから3Gになってしまう原因は?3Gから4Gに戻す対処方法を解説

コラム 最終更新日: 掲載日:
iPhoneが4Gから3Gになってしまう原因は?3Gから4Gに戻す対処方法を解説

新たな通信の規格として5Gが発表され、順次普及が進んでいますが、まだまだ4G回線も現役です。

4Gは5Gより1世代前の通信方式ですが、十分快適に通話・モバイル通信のサービスを利用できます。

しかし、iPhoneの4Gが急に3Gになってしまい、ネット接続などが遅くなってしまって困った経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、iPhoneが3Gになってしまう原因や、4Gに戻すための対処方法を解説します。

iPhoneが4Gから3Gになってしまう原因は?

iPhone5以降のiPhoneは4G対応となっており、通常なら4G回線で快適に通話・モバイル通信のサービスを利用できます。

ここでは、4G対応のiPhoneが3Gになってしまう原因を解説します。

4Gエリアの範囲外にいる

iPhoneが4Gから3Gになってしまった際に、まず疑うべきは4Gネットワークのエリア外に自分がいないかどうかという点です。

4Gエリアは3Gエリアよりも狭く、出先で急にiPhoneが3Gになってしまった場合、4Gエリア外にいる可能性があります。

各キャリアの4Gサービスエリアの検索方法は以下の通りです。

旅行中などで3Gになってしまった場合、現在地が4Gサービスエリア内にあるかどうかを確認してみましょう。

ネットワーク回線のトラブルや通信障害

ネットワーク回線のトラブルや通信障害により、iPhoneが3Gになってしまうケースもあります。

キャリアに通信障害が起こっている場合、同じキャリアを使用している方も同様のトラブルが起こっていると考えられますので、SNSなどで「キャリア名+通信障害」と検索して確認することができます。

また、MVNOの格安SIMを使用している場合、昼休みの時間帯や夕方などのネット接続が集中する時間帯には、ネットワークを借りているキャリアの通信環境を保護するために、一時的な通信制限がかかってしまうこともあります。

iPhoneのシステムなどの不具合

iPhoneのシステム等の不具合により、通信障害を起こしてしまっているケースもあります。

水没や落下など、iPhoneに物理的な不具合が生じていることが原因で通信障害を起こしてしまっている可能性もありますので、心当たりがある場合はiPhoneの修理を検討しましょう。

また、iPhoneのCPUに負荷がかかってしまっているために動作不良を起こしている可能性もあります。

アプリを複数起動している、ストレージがいっぱいになっているなど、CPUに負荷をかけてしまっている原因を解消しておきましょう。

3Gから4Gに戻す対処方法

iPhoneが4Gから3Gになってしまうと、ネット接続が遅くなってしまってかなり不便です。

ここでは、簡単な操作で3GになってしまったiPhoneを4Gに戻す方法を紹介します。対処方法を順に試してみましょう。

機内モードをオン・オフしてみる

機内モードをオン・オフすることで4Gに復帰する可能性があります。

機内モードは、iPhoneの画面を右上から下にスワイプして、飛行機のマークのアイコンをタップすることでオン・オフできます。

アイコンが青色になっている場合、機内モードがオンになっているため、モバイル通信を利用することができません。

モバイルデータ通信をオン・オフしてみる

モバイルデータ通信をオン・オフしてみることで4Gに復帰する可能性があります。

モバイルデータ通信は、iPhoneの画面を右上から下にスワイプして、アンテナのマークのアイコンをタップすることでオン・オフできます。

  • アイコンが緑色:モバイルデータ通信がオン
  • アイコンがグレー:モバイルデータ通信がオフ

モバイルデータ通信をオフにして、5秒程度待ってからオンに戻して、4Gに復帰するかどうかを確認してみましょう。

iPhoneを再起動する

iPhoneの不具合の多くは、本体を再起動することで解消される可能性があります。

iPhoneの再起動方法は、機種によって異なります。

iPhone X、11、12、13 いずれか片方の音量調節ボタンと再度ボタンを長押し。電源オフスライダが表示されたらドラッグする。
iPhone SE (第 2 または第 3 世代)、8、7、6 サイドボタンを長押し。電源オフスライダが表示されたらドラッグする。
iPhone SE (第 1 世代)、5 以前 トップボタンを長押し。電源オフスライダが表示されたらドラッグする。

4Gの電波の範囲内に移動する

iPhoneを使用している位置を移動することで、3Gから4Gに復帰する可能性があります。

4Gサービスエリア内にいる場合でも、山間部や地下・ビルの中などでは4Gの電波が届かない可能性があります。

屋内にいる場合には、屋外に出てみて4Gに復帰するかどうかを試してみましょう。

それでも3Gから4Gに復帰しない場合はiPhoneの修理を検討しよう

iPhoneが4Gから3Gになってしまうのは、4Gのエリア外にいたり、なんらかの通信障害が起こっていたりなどが考えられます。

3Gになった場合でも、多くの場合は簡単な対処方法で4Gに復帰することができますが、それでも症状が改善されない場合はiPhoneに物理的な不具合が発生している可能性があります。

水没や落下などの心当たりがある場合だけではなく、電気的な不具合が発生している可能性がありますので、どうしても4Gに復帰しない場合はiPhoneの修理を検討するようにしましょう。

iPhoneの故障やiPhone修理は、豊富なiPhoneの修理実績を持つiCrackedにお任せください。

iCrackedサービス一覧