MENU

iTechBLOG

iPhone修理のプロフェッショナル、
iTechがお届けするブログです。

PixelとiPhoneのフレーム強度について

iCracked Store 梅田ロフト 最終更新日: 掲載日:

落下の際に画面だけではなくフレームにもダメージが

当店に依頼いただく修理の中で画面割れが最も多いのですが、お見積りの際にフレームにも亀裂や欠損がありフレーム交換費用を頂くことがあります。フレームが破損している場合、ご要望次第で画面のみの交換も可能ですが亀裂が残ると防水性能が無くなりますし、今後の衝撃の際に内部にまで大きなダメージが加わる可能性もあります。またフレームが内側にめり込んでしまっていると新しい画面が収まらなくなってしまいますので今後も使用していくのであれば交換が必要になります。

Pixel5aとiPhoneSE(第2世代)のフレーム比較

PixelとiPhoneではフレームの性質が異なります。今回はPixelで最も問い合わせがおおいPixel5aとiPhoneシリーズのなかで値段が近いiPhoneSE(第2世代)のフレームの違いについてみていこうと思います。

Pixel5aはプレミアム金属製ユニボディ

ユニボディとは従来のパーツをネジ止めや溶接でつなぎ合わせる製法ではなく、削りだしの製法であり防水性能やたわみに強い。しかしながら落下による衝撃などで亀裂が入ったり、一部分が欠けてしまうことも。下の画像は当店に修理依頼があったもので、左下部分のフレームに大きな亀裂が見られる。こうなると画面修理だけだと隙間が残り防水性能が著しく低下するためフレームの交換も必要に。

iPhoneSEはアルミボディ

アルミボディは軽い素材で変形する為、一部分が欠けたり亀裂が入ったりはしにくい。やわらかい素材の為、衝撃が加わると内側にめり込んだりしてしまい、防水性能が低下してしまったりする可能性がある。8以降のiPhoneは背面がガラスに挟まれているので多少の落下では変形はしなさそう。

直接の落下によるダメージを少なくするためにケースを付けよう

もし落下しても、その時の衝撃を抑えることが重要になってきます。衝撃緩和はバンパーケースがおすすめできます。角を守るように作られているため一番衝撃が大きい箇所を守ってくれます。主にフレームだけのケースになるので背面が開いていますが高さのあるものを選べば直接落下面と触れることもないでしょうし、なにより端末の熱を逃がしてくれるのでバッテリーに対しても優しい仕様です。

もしもの時のスマホ保険を考えよう

いかに保護をしていても大きな衝撃が加わればフレームまで破損する可能性があります。そうすると修理金額が高額になるケースも、、、。そんな時で「モバイル保険」に加入していれば年間最大100,000円までの修理費を負担してくれます。また、完全に修理できないような破損でも最大25,000円までの金額が戻ってきます。高い端末ほど修理料金も上がるので買い替えの際には検討してみても良いでしょう。

この記事を書いた店舗

iCracked Store 梅田ロフト

iCrackedは全世界に展開する最大級のスマホ・タブレット修理店。データそのまま、即日最短30分。
iPhone 修理は勿論、国内唯一の Google 正規サービスプロバイダとして Google Pixel シリーズの正規修理も行っております。これまでの100万台以上の修理実績を基に訓練を積んだ修理のプロフェッショナル"iTech"がお客様をサポート致します。アプリの設定、データの引き継ぎ、操作方法が分からない時など、修理以外でもスマホのお困りごとは何でもご相談ください。

〒530-0013

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト1F


11:00~21:00《最終受付20:00》 年中無休※当面の間11:00〜20:00《最終受付19:00》

☎ 06-6940-7904


梅田ロフト店HPへ ストア一覧へ